GEAR NEWS

快適性だけじゃない。決戦仕様の「ニットシューズ」に新色が登場

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

fi’zi:kのインフィニート ニットを着用したゲラント・トーマスはツール・ド・フランス2018で総合優勝。ニットシューズが、最高レベルの決戦仕様たりえることを印象づけた

ツール・ド・フランス総合優勝に導いた「R1 INFINITO KNIT」のニューカラーに注目

言わずと知れたロードレースの最高峰、ツール・ド・フランスで総合優勝を果たしたゲラント・トーマス(Team Sky/英)がすべてのステージで使用して、「レースで威力を発揮するニットシューズ」として注目を集めているfi’zi:kのニットシューズ「R1B INFINITO KNIT(インフィニート ニット)」。ゲラント・トーマスが使用したカラーを含む新色がラインナップに追加された。

今回リリースされたR1 INFINITO KNIT新色のひとつパープル/ブルー

トライアスロンでも決戦仕様の選択肢たりうるfi’zi:kのニットレーシングシューズ

fi’zi:kのニットレーシングシューズは、ニット素材ならではの通気性や快適性だけでなく、剛性や適切なフィット感を兼ね備え、最高のパフォーマンスを発揮するリアルレーシングシューズとして、世界最高レベルのロードレースでも活躍している。

実際、ツール・ド・フランス2018で王者トーマスをはじめトッププロが着用しているニットシューズはfi’zi:kのみ。レース用としては、素材の伸びやパワーロスを心配する声もあったが、サポートライダーたちは積極的に「R1B INFINITO KNIT」を選び、そのパフォーマンスの高さは、トーマスの総合優勝をはじめとする結果に裏付けられている。

トライアスロンのレースシーンでも、トランジションに秒単位の素早さが求められる短いエリートレース以外では、快適性や動力伝達率の高さなどの機能性を優先してロードモデルを選ぶ向きも多い。

「R1B INFINITO KNIT」は、長丁場のバイクレグをストレスなく・速く走りたいトライアスリートにとっても、決戦シューズの有力な選択肢のひとつになりそうだ。

R1 INFINITO KNIT
初めてニット素材を採用したプロサイクリングシューズ。クラストップレベルの通気性や快適性、フィット感の高さに加え、動力伝達の面でも優れ、究極のレースパフォーマンスを発揮する。

ソール:UDカーボンファイバー・ベンチレーテッド
アッパー:ニット
インソール:インフィニートフットベッド
クロージングシステム:ダブルインフィニートBOA IP1-Bシステム・ボリュームコントロールシステム
カラー:ブラック、グレー/BK、ブルー/イエロー、パープル/ブルー

定価:46,800円(税抜)

グレー/BK

 

ブルー/イエロー

-GEAR, NEWS

2 interest


コメントを投稿するにはログインをしてください。

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM