NEWS

WTS横浜に向けて準備OK? スイム攻略に欠かせないアイテムセット

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

5月13日開催の世界トライアスロンシリーズ横浜。同時期の平均水温は18~20℃なので、ホットジェルによる対策が欠かせません。さらにACORウエットジェルは1レース1本の使用がおすすめ。肌とウエットスーツの滑りも良くなるので、泳ぎの動作自体も制限が減って動きが楽に。もちろんウエットスーツの着脱も楽にできます。2本セットなので、本番だけではなく、事前練習にもご活用を。

<ACOR ウエットジェル>2本
スムーズにウエットを脱ぐコツは1レース1本使用すること! このセットは練習用と本番用の2本入り。
1本たっぷり使用することでウェットスーツの着脱がとてもスムーズになります。肩周りのストレスを低減させスイムパートのタイムアップに貢献します。トランジット時に速やかにウェットスーツを脱ぐことができるので、さらにタイムの短縮にもつながります。従来のワセリンと同じように、首周り、肩周り、手首、腕、大腿部、足首に充分に塗布してください。水溶性なので手についたウェットジェルは水で簡単に洗い落とすことができ、ゴーグルを曇らせたりしません。

<EXTRA  HEATUP ENERGY CREAM  (ヒートアップエナジークリーム)>
業界初!トウガラシエキスを使用していない塗ってポカポカあったかホットクリーム。従来のジェル(トウガラシエキスのホットジェルの持続時間)約1時間に対し、このホットジェルは約4時間の持続温熱効果があります。
※お肌にあわない場合はご使用を中止してください。

 

-NEWS
-, , ,

0 interest


コメントを投稿するにはログインをしてください。

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM