NEWS RACE&EVENT

5月15日エントリー開始。荒波と暴風の聖地、室戸ジオパークトライアスロン

投稿日:2017年5月11日 更新日:


ルミナ編集部

text by:


「荒波にもまれ暴風にたたかれた大地がお相手します。」のキャッチコピーでおなじみの室戸ジオパークトライアスロンがこれまでの5月から時期を移して、9月30日に高知県室戸市室戸岬周辺で開催される。エントリーは5月15日スタート。

漁港内で行われるスイムや、海岸線を走るフラットなランは泳ぎやすく・走りやすいが、バイクは「日本一の激坂」と評されるほどアップダウンの続くタフなコース。交通規制の関係で応援者も少なく、トライアスリートは山の中でひたすら己との戦いを強いられる。ただしバイクコースを走破し、山を降りた選手は室戸市民の暖かく盛大な声援に迎えられ、「五感が震えるほどの感動を覚える」との声も。

起伏の激しい室戸の大地と自身との戦いを制して手にする「MUROTO FINISHER」の完走メダルは、トライアスリートがまたひとつ上のあらたなステージに立った証だ。

大会事務局は「9月開催となり、リピーターの方にもこれまでと違う室戸を楽しんでいってもらいたい。今年も、荒波と暴風の聖地・室戸でお会いしましょう」と参加を呼び掛けている。周辺には風光明媚な観光スポットも多く、大会前後にも室戸の大自然と文化を満喫できる。

エントリーやコース紹介動画など、詳細は大会HP(https://www.muroto-geopark-triathlon.com/)で。

【大会概要】
大会名■室戸ジオパークトライアスロン
距離■S1500m/B40km/R10km
制限時間■4時間
締め切り■7月31日(月)
表彰■個人部門男子・女子 各1~6位、リレーの部1~3位、年齢別表彰、特別賞など
参加費■個20,000 円(男子個人の部)、18,000 円(女子個人・学生・60 歳以上)、 27,000 円/1 チーム(リレー部門)
定員■個人450人程度、リレー50組程度

-NEWS, RACE&EVENT

1 interest


コメントを投稿するにはログインをしてください。

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM
パフォーマンス向上に必要な酸素を取り込み、活性酸素の除去をサポート「ルカンゴールド」
体調管理が難しい秋冬に、安藤さんが実践する「飲むコンディショニング」
宮古島17位のTKが、翌日からトレーニングできた理由