NEWS

2018年モデル新型「SYNAPSE」HI-MODスペック変更/キャノンデール・ジャパン

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

キャノンデール・ジャパンが、2017年7月10日に発売された2018年モデル新型「SYNAPSE」のスペックを変更し、店頭発売することを決定した。本格的な生産を始めたところ、SAVE SystemBarのマスプロダクション(本生産)に課題が生じてデリバリーの見通しがたたない状況になったことが理由。なおSAVE SystemBarは、2019年モデル以降の製品にスペックされる予定となっている。
新型「SYNAPSE」は、「True Endurance Machinery」として定義された新設計のバイク。950gの超軽量フレーム、再設計されたエンデュランスジオメトリー、フルフェンダー装着可能、3種類のフォークステア径とヘッドチューブ径など、十分なレースパフォーマンスと、本物のエンデュランスライディングを融合させた。

<変更対象モデル>
■SYNAPSE Hi-MOD DISC DURA ACE Di2
ハンドルバー (変更前)Cannondale SAVE SystemBar, Carbon →(変更後)ENVE Carbon Road Compact Handlebar
ステム (変更前)Cannondale SAVE System →(変更後)ENVE Carbon Stem
価格 1,050,000円+税(変更なし)

■SYNAPSE Hi-MOD DISC DURA ACE
ハンドルバー (変更前)Cannondale SAVE SystemBar, Carbon →(変更後)Cannondale Escape Hanger Carbon Handlebar
ステム (変更前)Cannondale SAVE System →(変更後)C1 Ultralight Alloy Stem
価格 650,000円+税(変更なし)

詳細
http://www.cannondale.com/ja-JP/Japan/News/News/2018SynapseSpec.aspx

-NEWS
-,

1 interest


コメントを投稿するにはログインをしてください。

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM
宮古島17位のTKが、翌日からトレーニングできた理由
体調管理が難しい秋冬に、安藤さんが実践する「飲むコンディショニング」
パフォーマンス向上に必要な酸素を取り込み、活性酸素の除去をサポート「ルカンゴールド」