GEAR NEWS

ゴーグルに付けてスイム中も正確な心拍管理を ポラール「Polar H10」「Polar OH1」がANT+にも対応

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

Buletooth 、ANT+ デュアル通信対応

心拍トレーニング製品のリーディングカンパニーであるポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社は、Bluetooth通信に対応した胸ストラップ心拍センサー「Polar H10」と、腕心拍センサー「Polar OH1」がANT+通信にも対応したことを発表した。既存のH10、OH1も、ファームウェアのアップデートで4月下旬より順次ANT+通信に対応する。

ANT+は近距離無線通信の業界標準規格で、心拍計や血圧計、歩数計、体重計、自転車に搭載するセンサー向けなど、複数のプロファイルが制定されている。今回の対応により、ANT+規格のみに対応したスポーツウォッチなどの端末や、ジムのトレーニング機器などで、H10やOH1が取得したデータを活用できるようなった。

トライアスリートにうれしい
スイム中も正確な心拍管理を

また、4月26日(金)には、水泳用ゴーグルにOH1を取り付けられるクリップを同梱した「Polar OH1+」(Bluetooth、ANT+両通信対応)を発売する。従来の上腕部、二の腕に加え、こめかみ部分でも心拍数の計測が可能になった。オンラインストアを含む全国のポラール製品正規取扱店で販売を開始し、本体セットのアームバンドカラーはブラック、グレー、オレンジの3色で、希望小売価格は11,800円(税別)。なお、交換アームバンドはターコイズを加えた4色で、グレー、オレンジ、ターコイズはShop Polarでの限定販売となる。

「Polar H10」もBluetooth、ANT+の両通信に対応済みの製品がパッケージをリニューアルし、同時発売する。本体セットのストラップのカラーはブラック、グレー、オレンジ、ターコイズの4色で希望小売価格は12,800円(税別)。交換可能なPolar Proストラップも同様に4色展開で、グレー、オレンジ、ターコイズは本体セット、交換用ストラップ共にShop Polarでの限定販売となる。

H10は、スポーツ医学の分野の研究で、デファクトスタンダードになっている胸ストラップ心拍センサーで、OH1は、腕などで心拍数を計測できる、より手軽な心拍センサー。今回のリリースにより、ANT+対応のランニングウォッチやサイクルコンピュータ、ジム機器など利用できるようになっただけではなく、水泳などのプールでもポラールの精度の高い心拍センサーを使えるようになった。

<Polar OH1+の主な特徴>

心拍計測機能
上腕部、もしくは二の腕で心拍数を計測する心拍センサー。伸縮性のあるアームバンドでセンサー部が腕に密着し、さらにセンサー5gと軽量のため、モーション・アーティファクトを軽減している。今回のアップデートにより、顔のこめかみ部分でも計測できるようになった。

内蔵メモリ搭載
他のデバイス不要で、心拍数を計測、保存できる。トレーニング終了後にWebサービス、もしくはモバイルアプリのPolar Flowにデータを同期させ、確認することが可能。す。

Bluetooth、ANT+通信対応
他のデバイスと同期して心拍センサーとして使用する場合、Bluetooth通信、ANT+通信の両方を使える。デバイスの通信方法によらず、トレーニングを楽しめる。

ゴーグル用クリップの同梱
プールで利用しやすいように、ゴーグルにOH1+を装着できるクリップが同梱されている。クリップを利用することで、こめかみ部分にOH1+が密着し、心拍数の精度を高く計測することができる。クリップは2種類あり、ゴーグルの形状で、使いやすいクリップを選ぶことができまる。


Polar OH1+
:ブラック、グレー、オレンジ、ターコイズ(ターコイズは交換アームバンドのみ)
重さ:5g、アームバンド込で17g
バッテリー:12時間連続使用
メモリ:最大200時間のトレーニングデータ保存、4MB
防水:30m防水
希望小売価格:11,800円(税別)
発売予定日:2019年4月26日(グレー・オレンジは26日以降順次発売)
セット内容:Polar OH1、アームバンド、USBアダプター、スイム用ゴーグルクリップ、スタートガイド
製品ページhttps://www.polar.com/ja/OH1

<Polar H10の主な特徴>
心拍計測機能
胸ストラップ型心拍センサーで、心電から心拍数を計測する。これはPolar製品の中でも最も正確な計測方法。電極センサーを前面に加え、両脇部分にも追加することで、より精度を高めている。

内蔵メモリ搭載
他のデバイスを装着せずに、心拍数を計測、保存することができる。Polar Beatアプリを起動し、トレーニングを開始すれば、H10心拍センサーが計測を開始し心拍数のデータは内蔵メモリ内に保存される。トレーニング終了後にPolar Beatと同期させ、データをPolar Flowウェブサービスやアプリで確認することができる。トレーニング終了後にWebサービス、もしくはモバイルアプリのPolar Flowにデータを同期させ、確認することができる。

デュアル Bluetooth、ANT+、Gymlink(5kHz)通信対応
他のデバイスと同期して心拍センサーとして使用する場合、2つのデバイスと同時にBluetooth接続が可能。また従来のGymlink(5kHz)通信に加えANT+通信も可能になり、デバイスの通信方法によらず、トレーニングを楽しむことができるようになった。

スポーツやアクション撮影などに利用される小型ビデオカメラ「GoPro」との互換
H10センサーとGoProを同期させることで、GoProで撮影した映像に心拍数を表示することができる。迫真の画像と共に、撮影者の「驚き」や「緊張」などを心拍数から推測しながらGoPro映像を楽しむことができる。※GoPro HERO4とHERO5に対応。

Polar H10
:ブラック、グレー、オレンジ、ターコイズ
サイズ:XS~S、M~XXL(XS~Sはブラックのみ)
重さ:コネクター21g、ストラップ39g
バッテリー:400時間
メモリ:トレーニングセッション1回分
防水:30m防水
希望小売価格:12,800円(税別)
セット内容:Polar H10、Proストラップ、スタートガイド
製品ページhttps://www.polar.com/ja/H10

◎問い合わせ先
ポラールサービスセンター
E-mail: info.jp@polar.com

◎公式ホームページ
http://www.polar.com/ja

-GEAR, NEWS

1 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。



【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM