NEWS

自分の泳ぎを客観視できる「トータル・イマージョン トライアスロンスイム1DAYワークショップ」

投稿日:2018年3月21日 更新日:


ルミナ編集部

text by:

水上はもちろん水中のビデオ撮影も行われるので、自分の泳ぎを客観視できる

丸一日かけて泳ぎを変える「1DAYワークショップ」4/30と6/3に東京・荻窪で開催

スイムほど、自分の考えていることと実際の泳ぎとのギャップが大きいものはない。泳いでいる自分の姿を見ることができないからだ。

ゆえに泳ぎをどうすれば良くなるのか、速くなるのかがわからない部分が多い。だからこそ、大人になってから本格的に泳ぎ始めたトライアスロンにとって「スイムの苦手克服」は難しい。

そこで、紹介したいのが「トータル・イマージョン トライアスロンスイムワークショップ」。

ここでは、自分の泳ぎを撮影・分析、そして問題解決に向けた練習方法を伝授してくれる。

トータル・イマージョン(TI)のトライアスロンスイムワークショップは1日で構成される。まずは参加者のカウンセリングから始まり、プールでのレッスンとクラスルームでのレクチャー。プールセッション、クラスルームセッションが2回ずつ行われ、泳ぎを改善していく。

プールセッションでは、泳ぎの癖を取り除くTIスイムならではのドリルとそれを基にしたフォーカルポイント(留意点)をコーチから事細かに説明してもらえる。トライアスロンの実戦に即したウェットスーツを着用でき、より本番を想定した泳ぎができるのも利点だ(※レンタルウエットスーツもある)。

プールセッションでは、泳ぎの癖を取り除くTIスイムならではのドリルなどをコーチが手取り足取り指導してくれる

クラスルームでは、水上・水中で撮影した映像を基に自分の泳ぎを分析。現状における課題とその原因、そして課題の解決方法を教えてもらえる。

泳ぎは流動的で、つい「我流」が出てしまうもの。それを改善するにはうってつけである。ワークショップ参加者のリピーターが多いのも頷ける。

実際、実戦スイムに不安のあるトライアスロン初心者はもちろん、我流でスイムに取り組んできたが記録が伸び悩み、イチから自分の泳ぎを見直したいというレース経験者まで、数多くトライアスリートがTIの門をたたいている。

トライアスリートを対象としたワークショップは4月30日(祝月)と6月3日(日)に東京・荻窪で開催されるので、スイムに自信のないアスリートや初心者アスリートは、シーズンイン前に参加してみてはいかがだろう?

◎TIトライアスロンスイム1DAYワークショップ

開催日:4月30日(月・祝)、6月3日(日)
集合時間:9:20
場所:スカイフィット6階ロビー(荻窪)
http://skyfit.jp/access.html
参加費:19,440円(税込)
募集定員:12人(最小催行人数4人)

▶詳細・申し込みはコチラから
4月30日(月・祝)https://triathlon-lumina.com/triathlon/entryform/entry_top.html?id=2018043002
6月3日(日) https://triathlon-lumina.com/triathlon/entryform/entry_top.html?id=2018060301

★トータル・イマージョンが理想とする泳ぎを体現するTIスイム竹内慎司代表のクロール動画はYouTube再生回数850万回を超える

-NEWS

3 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


スパム対策のため、 日本語が含まれない欧文のみのコメントは投稿できません。


【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM