NEWS

【動画あり】手軽でチューンナップ効果抜群のチェーン・スプロケットメンテナンス方法(2018年版)

投稿日:2018年5月30日 更新日:


ルミナ編集部

text by:

チェーンメンテやってます?

どんな高級モデルでも、こぎ続けなければ進まないのが自転車。人力という限られたエンジンのため、何もメンテしていない上位モデルより、きちんと手をかけてある下位モデルの方が走りが軽いなんてことが結構あるんです。特に差が出やすいのがチェーン周り。
チェーン、スプロケット、プーリーといったパワーを伝達するパーツは蓄積された汚れがパフォーマンスに与える影響が大きく、それだけに掃除のし甲斐があるところなんですよ。Luminaメンテ講座のチェーンメンテナンスでは、ビギナーでもしっかりきれいにできるやり方を体験できます。

Luminaチェーンメンテ講座で使用しているもの

ディグリーザー:フィニッシュライン エコテック バイクチェーンディグリーザー
水溶性洗浄剤:フィニッシュライン スーパーバイクウォッシュ
チェーンルブ:フィニッシュライン ドライバイクルブリカント
チェーンウォッシャー:フィニッシュライン チェーンクリーナー
ペーパーウエス(ない場合はキッチンペーパーやぼろ布で代用)

役割

①ディグリーザー:チェーンの油汚れを溶かし、落としやすくします
②水溶性洗浄剤:ディグリーザーを落とすために使用。洗浄剤は水で落とします
③チェーンルブ:チェーンを潤滑します
④チェーンウォッシャー:チェーンの汚れをかき落としとします

チェーンの清掃方法

1.クランクを逆回転して作業するので、チェーンが落ちないようにギアをインナーx6速に入れる
2.チェーンウォッシャーにディグリーザーを入れる(チェーンウォッシャーに目盛りが切ってあります)
3.チェーンウォッシャーをチェーンに取り付ける
4.クランクを逆回転。最初は汚れでチェーンが固まっているのでしっかりチェーンウォッシャーを保持してください。汚れが落ちると軽く回るようになります
5.30回転くらいさせたらOK。汚れが落ちていなければディグリーザーを入れ替えてもう一度
6.チェーンウォッシャーを水溶性洗浄剤に入れ替えて30回転させ、ディグリーザーを落とす
7.チェーンウォッシャーをぬるま湯または水に入れ替えて30回転させ、水溶性洗浄剤を落とす
8.チェーンの水分をウエスで拭き、乾かす。乾かしている間にフレームやスプロケの掃除をやると効率が良いです
9.チェーンルブを差す(ピンとプレートの隙間に浸透させる感じ)
10.クランクを数回逆回転させてチェーンルブをなじませた後、チェーンルブをしっかり拭きとる。コマの上下を拭き、ウエスについたチェーンルブでコマの左右を磨き込むように拭きます。指で触ってベトベトしないくらい拭き取ってください

チェーンウォッシャーがない場合は、2~7のステップでブラシやウエスで代用してください。

ポイント

・チェーンウォッシャーが左右にぶれるとチェーンが外れます。しっかり保持
・ディグリーザーをきちんと落とさないとチェーンルブが溶け落ちてしまいます
・チェーンオイルはしっかり拭いてください。ベトベト状態は汚れを呼ぶだけ

<参考動画>

いっしょにやってみる?

Lumina編集部では実際に体験できるチェーン&スプロケ洗浄講座を開催しています。
自分でやる自信がない、道具がないという方大歓迎!ご自身のバイクをお持ちください。道具の持ち込みもOKです。

パーツ交換より効く!チェーン&スプロケ洗浄講座
開催日 平日夜
2018年は毎月開催予定。最新スケジュールはLumina’sEntryをご確認ください。
会場  Triathlon Lumina編集部(最寄り駅:駒沢大学駅)Map

-NEWS
-, , , , , ,

3 interest


コメントを投稿するにはログインをしてください。

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM