NEWS

シューズや補給食はいきなり本番で使わないのに、Co2ボンベはぶっつけ本番ですか?

投稿日:2018年9月13日 更新日:


ルミナ編集部

text by:

悪魔的失敗率……ッ

どんなにトレーニングを積んでも、体調に気を付けていても避けられないトラブル、それがレース中のパンク。ロングならともかくオリンピックディスタンス未満の距離だとタイムロス半端ないですよね。

そんな時に便利なのがCo2ボンベ(カートリッジ)。携帯ポンプ(インフレーター)が何百回とポンピングが必要なのに比べ、ほんの数秒でエア充填ができるので常備している人も多いのでは。

ところがこのCo2ボンベ、実際に使った事がある人が意外と少ないんです。新しいシューズや補給食などはレース本番の前に試しておくのが常識とされているのに、Co2ボンベはぶっつけ本番で大丈夫ですか?

初めて使った人はかなりの確率で半分くらいエアを漏らしてしまった、チューブが破裂した、などのトラブルにあっています。レース本番で失敗しないために、今一度Co2ボンベの使用法を復習しておきましょう!

プッシュタイプとダイヤルタイプ


Co2ボンベのボンベヘッド(アダプタ)には、バルブに押し付けるとエアが入るプッシュタイプとダイヤルを回してエアの流入量を調整できるタイプの2種類があります。
プッシュタイプはコンパクトで持ち運びに便利ですが、奥まできちんとはまっていなかったり斜めにはまったりで慣れないと失敗しやすいのが弱点。ダイヤルタイプはチューブのバルブに固定してエアを入れられるため、慣れていない人でも失敗しにくいのがメリット。その分、かさばって地味に持ち運びづらいというデメリットも。

プッシュタイプの使い方

1.タイヤ・チューブが正しくはめられているかしっかり確認
2.ボンベヘッドをCo2ボンベにねじ込みます。最後までねじ込むと中の針がボンベの封を貫通して使用可能になります

3.バルブの奥までボンベヘッドを差し込みます。写真の製品の場合、赤い部分をもって奥まで差し込みます

4.ボンベヘッド全体をバルブに押し付けるとエアが入ります。押し付けるのをやめれば一時停止可能です

5.エアの重点が終わるまでバルブとボンベヘッドをまっすぐ支持してください。斜めだとエアがもれますよ!

 

ダイヤルタイプの使い方

1.タイヤ・チューブが正しくはめられているかしっかり確認
2.ボンベヘッドをCo2ボンベにねじ込みます。最後までねじ込むと中の針がボンベの封を貫通して使用可能になります
3.バルブの奥までボンベヘッドを差し込んで、ねじ(金色の部分)で固定

4.赤い部分をひねるとエアが入ります。一気に開けるのではなく、少しずつ開けると失敗しにくいです

 

Co2ボンベの失敗あるある

1.チューブを噛んでいるのに気が付かず途中で破裂(バースト)
2.パンクの原因になった突起物を取り忘れてまたパンク
3.ボンベヘッドがきちんと差さってなくてエア漏れ
4.素手でボンベを握って指が貼り付いた!(急激にボンベが冷えるので凍り付きます)

特にやりがちなのが1での噛み込みや3の奥まで差さっていない事が原因のエア漏れ。どちらもエアを入れる前にしっかり確認して、失敗を防ぎましょう。
チューブの噛み込みは、携帯ポンプで少しチューブを膨らませておくと失敗しにくいです。
また、エア充填中のボンベは急速に温度が低下します。素手で触るとボンベと皮膚の水分が凍結して貼り付いてしまうので注意してください。ボンベに付属の断熱材を使用するか、グローブでくるむとよいでしょう。

初めてボンベを使うと結構失敗しがちなので、本番前に自宅で練習する・失敗した時のために予備のボンベを持つなどしておくと安心です。

関連イベント

Luminaメンテスクールのタイヤ交換講座でCo2ボンベを使った練習も実施中。
読んだだけだと不安……という方、ぜひご参加ください。

タイヤ交換苦手な人限定!すぽんっと外せてぱこんとハマるタイヤ交換練習会
開催日 2018年10月24日(水)、11月14日(水)
会場  Triathlon Lumina編集部(駒沢大学駅徒歩2分)
※Co2ボンベご希望の方は事前にお問い合わせください
詳細・申込
10月24日  https://triathlon-lumina.com/triathlon/entryform/entry_top.html?id=2018102404
11月14日  https://triathlon-lumina.com/triathlon/entryform/entry_top.html?id=2018111405

Luminaメンテスクールとは
輪行、タイヤ交換、チェーンメンテなど、メカが苦手な人向けに実際に自分のバイクを使って学べる練習会。
毎週水曜夜開催。最新スケジュールはLumina’sEntryで。

関連製品

XLAB TIRE MATE
携帯ポンプとしても使えるCo2ボンベヘッド。
失敗しにくいダイヤル式。
持ち物を減らしたい方に。
詳細はこちら

XLAB SPEED CHUCK
シンプルなプッシュタイプ。
軽量コンパクトなので場所をとりません。
めったに使わないものに重量・スペースを取られたくない方に。
詳細はこちら

XLAB NANOFLATOR
ダイヤルタイプなのにプッシュなみにコンパクト!
ダイヤル部分にCo2ボンベを取り付けられるようにして、従来のダイヤル式よりぐっと小さくなりました。
詳細はこちら

文:Lumniaメンテスクール コダマ

-NEWS
-, , , ,

1 interest


コメントを投稿するにはログインをしてください。

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM