NEWS RACE&EVENT

【エントリー開始】島一周コースと熱いおもてなしの人気ミドル「トライアスロンIN徳之島」

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

一時は参加者数の減少に悩んだ時期もあったが、コースの大幅見直しや熱心なサポーターの口コミなどで息を吹き返した徳之島大会。昨年は過去最高744人が参加した ©Sho Fujimaki

南の島らしさ全開の熱い陽ざしの下、熱帯魚を眺めつつ泳ぐスイムや、色鮮やかな風景をめぐる島一周のバイクコースが人気を博している「トライアスロンIN徳之島大会」のエントリー受付が始まっている(申込締め切りは4月27日)。

「遅くてもあなたが主役」の名キャッチフレーズとともに昭和62年に始まり、昨年、30回記念大会では、過去最高744人の参加者を集めた人気レース。多くのリピーターを惹きつけてやまない、その魅力は、前述の美しいコースロケーションだけではなく、島を挙げての「熱いおもてなし」にある。

(★昨年大会のカラーリポートはTriathlon Lumina #66 9月号に掲載しています)

数多のベテラン・トライアスリートも、一度参加したら、やみつきになることうけ合いと称賛する国内屈指のミドル大会、申し込みはお早めに。

◎トライアスロンIN徳之島

開催日:2018年7月1日(日)
開催地:鹿児島県・徳之島(天城町を起点とする島一周コース)
競技距離:スイム2000m/バイク75km/ラン20km(※前日にキッズレース「チャレンジKIDS徳之島大会」あり)
定員:総合クラス500人、リレー100組
締切:2017年4月27日(金)
詳細・申込:https://www.mspo.jp/events/50670

トライアスリート歓迎イベントのひとつ「ウェルカム闘牛大会」は一見の価値あり(選手は観覧無料) ©Sho Fujimaki

 

レース前後のパーティーのカラフルな充実ぶりは国内屈指 ©Sho Fujimaki

 

「日本一盛り上がるアワードパーティー」と称賛される「どんちゃんパーティー」 ©Sho Fujimaki

 

ラン終盤のエイドステーションの「かき氷」に感激する選手も多い ©Sho Fujimaki

-NEWS, RACE&EVENT

2 interest


コメントを投稿するにはログインをしてください。

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM
パフォーマンス向上に必要な酸素を取り込み、活性酸素の除去をサポート「ルカンゴールド」
TK〈竹谷賢二〉の宮古島STRONGMAN完全攻略ガイド