COLUMN

セミロングディスタンストライアスロン?

投稿日:


野中 秋世

text by:

©Sho Fujimaki

連載「アイアンマンいどみました。」

「下から目線」でお届けする、アイアンマン初挑戦・完走への道⑨


セミロングディスタンストライアスロン!?

前回の「やったことしかできないのがアイアンマン。」はこちらから

わたくしの今年のメインレースは、徳之島のミドルディスタンスでした。「南の島のミドルは、最高に決まっている」と、常々思っていたのですがその通りでした。

人生で一番日焼けした日かもしれない

前々日のウェルカムパーティ、前日のウェルカム闘牛観戦。当日、美しい海を泳ぎ、温かい応援の中こぎ続け、かき氷をほおばりながら駆け抜け、完走で上がりきったテンションそのまま、同じ会場の芝生の上で、ビールや島の地酒をふるまっていただき、ライブパフォーマンスと共にハジける!! この一連の流れが本当に楽しく、30年愛される大会とはこういうものなんですね。

ちゃんとトレーニングして臨めば・・・という但し書きつきですが、徳之島トライアスロンは、紛れもなく「エンジョイトライアスロンの国内最高峰の大会」です。

レース前日にレンタカーを借りてビーチをハシゴしました。美しいビーチなのに人が全然いなくて、どこも貸切状態!

 

イチオシの徳之島観光スポット、ソテツトンネル。日本にこんな場所、なかなかないと思う

 

闘牛、初体験。中の人の服装が、無防備でカジュアルすぎて驚き

 

どんちゃんパーティ。これが目当ての人もいるという話を聞いていたけど、分かるわー。©Sho Fujimaki

 
その徳之島が、わたくし、アイアンマンを完走してから初のミドルだったのですが、とても短く感じました。バイクを70kmでフィニッシュして、「おいおい、アイアンマンはさらにもう100km以上バイクに乗るのかよ」と、今更ながらツッコミ。51.5の延長線上にミドルはあるけれど、ミドルの延長線上にアイアンマンは・・・やっぱり、ないみたい。

51.5からミドルが約2倍とすると、アイアンマンは約4倍。つまり3倍が抜けているんですよ。ホップ、ステップで、大ジャンプしなきゃならない。3倍に相当する「セミロングディスタンス」的なカテゴリーがあれば、51.5→ミドル→セミロング→アイアンマンと、多くのトライアスリートが無理なくアイアンマンに挑戦できると思うんだけどな。「IRONMAN106(mile)」みたいなシリーズあれば最高! いかがですか!? 関係者の皆様!!

3倍を計算すると、スイム2.85km、バイク135.5km、ラン31.5kmくらい。しいて言えば、珠洲のミドル(スイム2.5km、バイク102.2km、ラン23.3km)が近いかしら。ITUのロングディスタンス(スイム4.0km、バイク120km、ラン30km)もあるけれど、出場機会がないなぁ。レースで無理なくステップアップしたいなら、珠洲に出るしかない?もしくは、あえて条件の厳しいミドルに出る・・・例えば、バイクコースがハード、時差あり海外70.3、毎年必ず暑い大会等々。

国内唯一の70.3で、フルアイアンマンとフォーマットが同じゆえ予行練習になるセントレアは必須として、その他、様々な条件のミドルでならしてからアイアンマンに臨む!というのは、王道な選択肢です。来シーズンのレース選びのご参考になさってください!

■著者プロフィール
野中秋世(のなか・あきよ)
2001年オープンの老舗ネットショップ店長。三児の父。20歳から35歳まで無運動状態。2010年にトレーニング開始。2011年に独学でオリンピックディスタンス完走。マラソンやOWSを含めて33レース目でアイアンマン完走。タイムは14時間24分。著作に、運動オンチの素人がトライアスリートになるまでを描いた『トライアスロンはじめました。』と、ミドルディスタンス・海外デビュー編の『トライアスロンはまりました。』(共に誠文堂新光社)がある。

-COLUMN
-,

3 interest


コメントを投稿するにはログインをしてください。

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM
パフォーマンス向上に必要な酸素を取り込み、活性酸素の除去をサポート「ルカンゴールド」
宮古島17位のTKが、翌日からトレーニングできた理由
トライアスリートは風邪をひきやすい!?