GEAR

ハビエル・ゴメスが「On」を選んだ理由。

投稿日:2017年4月12日 更新日:


ルミナ編集部

text by:


On共同創業者コペッティ氏、COOマウラー氏 Interview #02

「On」とともにコナから2020東京へ、ゴメスの新たな挑戦がはじまる。

今季からOnアスリートに加わることになったハビエル・ゴメス。シューズやバイクなどのテクノロジーについての知識も豊富で、こだわりも強いとされるゴメスがOnを選んだ理由とは? ©Delly Carr/ITU

取材/東海林美佳 写真/小野口健太

オリンピック金メダリストのニコラ・スピリグ(※2)、アイアンマン世界王者のフレデリック・ヴァン・リルデ(※3)など、頂点を極めたトライアスリートが名を連ねるOnアスリート。

そこに今年から加わったのは、WTSシリーズ世界チャンピオンに5度輝き、トライアスロン界最速ランナーとしても知られるハビエル・ゴメス(※1)。Onは、そんな彼がさらなる高みを目指すための選択だという。

その経緯、そしてOnとともに歩む今後のゴメスのロードマップについて、On共同創業者のキャスパー・コペッティ氏()、およびCOOのマーク・マウラー氏()に聞いた。

東京マラソンEXPOでの「クラウドフラッシュ」ワールドプレミア (世界先行発売)にあわせて来日したコペッティ氏(左)とマウラー氏(右)

写真は2014年WTS横浜で優勝した際のゴメス。今年は3年ぶりに横浜に戻ってくる。Lumina7月号(6月2日発売)では独占インタビューを掲載予定 ©Delly Carr/ITU

2018年、IRONMAN世界選手権
そして、2020年の東京五輪へ

———ゴメスがOnアスリートになった経緯を教えてください。

 ハビエルは研究熱心で、いつも最新のテクノロジーに興味をもっているアスリート。その点はニコラ・スピリグと似たところがありますね。

Onのアスリート・マネージャーを務めるラディ・ディムコは、いつもレース現場に帯同し、契約アスリートをきめ細かくサポートしているのですが、その働きぶりもハビエルの印象に残っていたみたいです。

 ハビエルは、シューズの提供はもちろんですが、東京オリンピックでメダルを獲得するという目標のために全力でサポートしてくれるパートナーが欲しかった。それがOnだったというわけです。

もちろん彼はトライアスロン界最速のランナーですから、フットウェアへのこだわりも人一倍強い。そんな彼の声を取り入れ、今後の開発にも生かしていきたいと考えています。

4月6日、世界同時発売された「クラウドフラッシュ」。ゴメスはWTSをはじめとするITUサーキットで、このOn史上最速パフォーマンスモデルをはく

———彼はOnのどの部分に共感しているんでしょうか?

 クッショニング性能によって身体への負荷が軽減され、ケガなくたくさんのトレーニングをこなせる、というところでしょうね。

———以前彼は、自分は元スイマーだから、ランで量をこなすようなトレーニングは故障リスクが高まる。なので、あまり距離は踏めないんだと言っていたことがあります。

 Onは故障を防いで快適に走る、というのがそもそものコンセプト。それは今でも変わりません。ハビエルもそこに共感してくれているのだと思います。

———2月にはドバイのIM70.3で優勝していますよね。これから長い距離へと移行していくのでしょうか?

 彼は今年はオリンピックディスタンスのレースとIM70.3にフォーカスしています。IM70.3では世界選手権も狙っていますよ。

そして来年はいよいよコナ。ヤン・フロデノとの一騎打ちになるでしょうね。楽しみです。

その後にいよいよ東京オリンピックのメダル獲得へ向けて動きだすことになります。

———コナを経てオリンピックですか! 意欲的なプランですね。でも非常に楽しみです

Onアスリートとしての初戦にして初勝利となったIM70.3ドバイで、ゴメスは、フラッシュに比べクッション性もより高い、もうひとつのパフォーマンスモデル「クラウドフロー」を選択した


カンチェラーラがOnをはいて
トライアスロンデビュー!

ツール・ド・フランスのマイヨジョーヌや世界選手権での勝利、そしてふたつの金メダルまで。タイムトライアルのスペシャリストとして活躍したトップサイクリスト、カンチェラーラもOnを愛用するひとり

 Onアスリートにはトップトライアスリートが多数名を連ねていますが、実はサイクリストの間でも好評なんです。

 そう、あのファビアン・カンチェラーラも実はOnの愛用者で、彼のおかげでトレック・セガフレードチームもOnをはいてくれています。さらに、カンチェラーラは今年トライアスロンデビューも予定しているんです。

———カンチェラーラがトライアスロン?

 彼は今年秋のバルセロナで行われるレースでデビューしますよ。今、ニコラ(・スピリグ)が彼にトライアスロンのやり方を色々伝授しているところです。

———ふたりともスイスのアスリートですが、すごいですね。Onのご縁で金メダリスト同士がこんな形でつながるという……。トライアスロン界はますます盛り上がりそうです。今日はどうもありがとうございました。

【関連インタビュー】
共同創業者&COOが語る、 On史上最速のパフォーマンスモデル「クラウドフラッシュ」
https://lumina-magazine.com/archives/news/1739

今回の来日にあわせて報道関係者向けの「クラウドフラッシュ」テストランイベントも開催。マウラー氏、コペッティ氏、自ら軽快な走りとともOn史上最速パフォーマンスモデルの良さを解説してくれた

先着50名様限定
特典としてステッカー付き
OnクラウドフラッシュはLumina.comで買えます。

MEN’S■http://triathlon-lumina.com/shop/goods_det.html?item=6169&clr=NEON/WHT

WOMENS’■http://triathlon-lumina.com/shop/goods_det.html?item=6171&clr=NEON/WHT

4月6日に世界同時発売された「クラウドフラッシュ」。Luminaのショッピングページで購入すると、Onブランドの限定ステッカー(ホワイトとブラックのセット)が付いてきます。先着50名様限りの特典です!

《本文注釈》

※1 ハビエル・ゴメス(スペイン)・・・ロンドン・オリンピック銀メダリスト。北京、ロンドン、リオとオリンピック3大会にわたり優勝候補に挙げれらてきたITUサーキットのスター選手。リオでは大会直前のケガで無念のDNSとなったものの、2020年東京五輪への挑戦も表明。同時にアイアンマンでも世界王者を狙える位置にいる

※2 ニコラ・スピリグ(スイス=写真左)・・・ロンドン・オリンピック金メダリスト。妊娠・出産を経て復帰し、母として臨んだリオ五輪では優勝候補筆頭のグゥエン・ジョーゲンセン(写真中央)を最後まで追い詰め、2大会連続のメダル(銀)を獲得

©Janos Schmidt/ITU

※3 フレデリック・ヴァン・リルデ(ベルギー)・・・アイアンマン・ディスタンスで頭角を現し、2013年にはコナを制して世界王者の座に就いたトッププロ。王座から離れた現在も、世界の十傑に入る実力をキープしている。

©Kenta Onoguchi

-GEAR
-

4 interest


コメントを投稿するにはログインをしてください。

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー