GEAR NEWS

<TREK>漁網を再利用したボトルケージを発売

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

環境に配慮したボトルケージ発売

トレック・ジャパンは、ボントレガーのロングセラー製品、Bat Cageをリニューアルする。新しくなったBat Cageの大きな特徴は、性能や軽さではなく、漁網からリサイクルされたペレットに素材を変更している点だ。

過去22年間で数十万個ものBat Cageを製造してきた。このケージはシンプルで、軽く、丈夫で保持力が高いため、プロにも長年愛されてる製品。

トレックは環境団体NextWaveとの提携を通じて、投棄された漁網に新たな使い道を求めるBureo社を知ることになった。Bureo社は、投棄された漁網を集めて細かいペレットにリサイクルし、射出成型プラスチック製品の材料に役立てている。

現在、8600万トン以上ものプラスチックが海に存在し、その量は毎年800万トンずつ増えている。漁網は、海に漂うプラスチックごみの約10%を占めていて、さらに悪いことに、他のプラスチック汚染より4倍もの悪影響を与えてしまう。リサイクル素材を使ったBat Cageの1年の生産量は、投棄された漁網の約4,000平方メートル分に相当するそうだ。


トレックは、世界中で愛されるベストセラー製品の素材を見直すことで、地球環境の保全に貢献している。そんな想いが詰まった、新しいBat Cageは、見た目のスマートさと機能性を兼ね備えた製品。背景を知ってから使ったほうがより愛着がもてそう。

➡製品紹介・購入ページ

-GEAR, NEWS

1 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。



関連記事

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM