NEWS

【On】炭素排出物をランニングシューズに変換する新技術を発表

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

サスティナブルな取り組みに

Onは11月5日(金)、炭素排出物から作られた新しいフォーム素材「CleanCloud™(クリーンクラウド)」を発表した。

この革新的な素材「CleanCloud™」は、LanzaTech(ランザテック社)および、Borealis(ボレアレス社)との共同事業により開発され、今後Onのランニングシューズに使用される。

炭素排出物を原材料とした新しいサスティナブルなフォーム素材「CleanCloud™」の開発によって、Onはこれまでの石油ベースなシューズ開発から脱却し、シューズのアウトソールの素材に炭素排出物を採用した初めての企業になる。

将来的に、「CleanCloud™」はシューズの他の部分やシューズ以外の製品にも使われる予定だ。

Onは、温室効果ガスの排出量の削減を極めて重要なイノベーションの目標とし、最高のパートナー企業とともに 4 年間という期間を経て、この「CleanCloud™」を開発した。

この件では、バイオケミカルや高機能プラスチック研究において最も革新的な企業であるLanzaTech および、Borealis とのパートナーシップを結んでいる。

《CleanCloud™の開発の流れ》

LanzaTech のテクノロジーによって、製鉄所などから発生する排ガスの一酸化炭素が大気中に放出される前に回収する。

集められたこの炭素排出物は、特別なバクテリアの効果によって、自然に発酵が進み、液体エタノールに変換される。

このガス発酵技術は、従来のビール醸造のようなアルコール生成に似ており、特許を取得している。

次に液体エタノールからエチレンを生成し、その後Borealisの技術によって重合され、EVAが出来上がる。

EVAとは、Onがパフォーマンスシューズを作るために従来使用している軽量で用途の広い素材で、この 3 社の共同開発により、新たな EVA フォーム、CleanCloud™が生まれた。

全社的な目標は、現在EVAフォームで製造されているすべてのアウトソールを CleanCloud™からできたEVA フォームに置き換えること。

これは Cloud ファミリー、および「THE ROGER」シリーズなどのライフスタイルコレクションの一部が対象となる。

▶ On のサスティナビリティのより詳しいレポートについてはコチラから(英
文のみ)。

-NEWS

2 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


スパム対策のため、 日本語が含まれない欧文のみのコメントは投稿できません。


関連記事

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM