COLUMN KONA Challenge

最高齢アイアンマン世界王者・稲田弘さんに訊く、 人生100年時代を豊かに生きるためのヒント〈後編〉

投稿日:2020年5月30日 更新日:


ルミナ編集部

text by:

2018年、自身のもつ世界最高齢のKONA完走記録を塗り替えたフィニッシュ直後 ©Kenta Onoguchi


Special Interview

#001 稲田弘さん(87歳)
〈後編〉トライアスリートとしての誕生と今

Interviewer 山口一真(MAKES/100年コーチ)

>>>稲田さんインタビュー前編を読む

87歳の今もパワフルにチャレンジし続ける稲田さんから、心身ともに豊かな人生を送るために大切なことについて話を聞くスペシャルインタビュー。聞き手は自身アイアンマンに出場するトライアスリートで、人生100年時代の理想を追求する「100年コーチ」を標ぼうしている山口一真さん。

後編の今回はトライアスリート稲田さんがいかに誕生したのか、そして何を思い、何をエネルギーとしてアイアンマンへの挑戦を続けるのかなどに焦点を当てる。

©Kenta Onoguchi

稲田 弘 Hiromu Inada
1932年大阪生まれ。小学4年のとき和歌山県・田辺に一家で移り高校までを過ごす。早稲田大学を経て1957年NHK入社。社会部記者として忙しい日々を送りながら、登山やマラソンなどを楽しむ。60歳のとき妻の難病介護のため退職。 体力維持のため泳ぎ始め、マスターズスイムに出場するようになる。70歳でトライアスロンに初出場。76歳でアイアンマン・ジャパンに初挑戦。79歳でアイアンマン・コリアを完走しKONA(アイアンマン世界選手権)出場権獲得。2012年、80歳でKONAを初完走し、エイジ優勝。2016年・2018年にもKONAエイジ優勝を果たし、世界最高齢のKONA完走者として世界中から注目されている。

Interviewer
山口一真 Kazumasa Yamaguchi
メイクス取締役/100年コーチ。1982年東京生まれ。小学校から大学までバスケットボールに打ち込む。社会人になってスポーツから遠ざかり、一時期体重が100kgを超えたが、選手時代のノウハウを活かした食事と運動により1年間で40kgの減量に成功。2018年メイクスのKONAチャレンジ担当になったのを機にスイム・バイク・ランのトレーニングを始め、木更津トライアスロンでレースデビュー。秋にはアイアンマン台湾を完走した。以後も毎年アイアンマンや宮古島などに出場を続けている。また、世界のレジェンド稲田さんとの対談をきっかけに、自身もKONA挑戦を表明、チャレンジの模様は下記ブログやインスタグラムでチェックを。

「100年コーチ。」山口一真のブログ>>https://ameblo.jp/makes100coach

Instagram>>https://www.instagram.com/makes100coach/

難病の奥さんのために退職、身体を鍛えるために水泳を始めた

山口 60歳で退職され、70歳でトライアスロンを始めたとうかがいましたが、きっかけは何だったんですか?

稲田 妻が難病になったので世話をするために仕事を辞めたんですが、身体を鍛えるために泳ぎ始めたんです。ちょうど自宅の前にスポーツクラブができたので入会したらプールがあって、毎日泳ぐようになった。

泳げるようになると、マスターズにも出るようになりました。3年くらいした頃、近くでスイム・ラン、アクアスロンの大会があり、水泳の仲間と出たんです。

トライアスロンを始めるきっかけにもつながるマスターズスイム

山口 入り口はスイムからだったんですね。スポーツクラブの会費はいくらくらいでしたか?

稲田 最初月1万でした。1万3,000円いかないくらい。そんなに高くないです。今でも通っていますよ。昔からの仲間と練習してマスターズの大会にも出ています。仲間って大切ですね。絶対必要です。ひとりだったら苦しくて続かない。

山口 アクアスロンがきっかけでトライアスロンを始めたんですか?

稲田 そのアクアスロンにトライアスリートがたくさん出ていて、みんなヘルメットかぶってバイクで来ていたんですね。その姿がかっこよくて、バイクを買ったんです。69歳のときです。

スイム仲間とともに出場したアクアスロン大会

山口 トライアスロンに出ようと考えた?

稲田 いや、ただバイクに乗りたかっただけです。バイクに乗るのが楽しくて乗っていた。そうしたら70歳になった頃、たまたま千葉で51.5㎞のトライアスロンがあるというのでそれに出て完走した。

山口 そこからアイアンマンにチャレンジするようになったのはなぜですか?

稲田 最初はアイアンマンというのがあるのを知らなくて、何年か51.5のレースだけ出ていたんです。千葉・茨城の大会など、年に4レースくらいですかね。

そのうち、51.5の大会にミドルの部門もあると聞いて出てみた。きつかったけどなんとか制限時間ギリギリでゴールできた。「意外とやればできるものだ」と思いましたね。そこで1ステップ上がり、翌年佐渡のBタイプに出たら完走できた。「これならロングもできる」と考えるようになった。そこでアイアンマンというのがあると聞いて、翌年五島のアイアンマン・ジャパンに出ました。

2011年、アイアンマン・コリア(済州島)を完走し、KONA初出場を決める

76歳で、ダントツの最高齢でしたが、ラン2周回の1周目でタイムアウトになり、完走できなかった。翌年リベンジするため、3カ月後に稲毛インターナショナル・トライアスロンクラブに入会して本格的にトライアスロンの練習を始めました。ところが翌年の五島は口蹄疫騒ぎで中止になり、代わりにセントレアのアイアンマン70.3に出て完走。その年フロリダで開催されたアイアンマン70.3世界選手権にも出場し、2位になりました。

その2年後、チェジュのアイアンマン・コリアを15時間02分で完走し、KONAへの出場権を獲得しました。79歳のときです。この年のKONAはスイムでリタイア。翌年80歳で再挑戦して完走し、初めてエイジ優勝しました。

2012年、KONAを初完走し、同時に80歳代の世界チャンピオンに輝く

応援してくれる人のために頑張るから力が出る

山口 レースは年に何回くらい出ているんですか?

稲田 KONAでエイジ優勝した翌年は予選に出なくてすみますが、そうでなければ予選とKONAに出ますから、それだけでアイアンマン2回。そのほかに、セントレアの70.3もしくは51.5に練習も兼ねて出ます。

山口 年3回くらい出るというのは疲れませんか?

稲田 アイアンマンは2回ですし、予選とKONAのあいだは3カ月以上あけますから疲労は残らないですよ。そんなに大変じゃない。

山口 KONAに連続出場が当たり前になって、注目されていますよね。もはや自分ひとりのトライアスロンじゃない。プレッシャーはありますか?

稲田 モチベーションが変わりました。やっているのはもう自分のためじゃないですね。知らない人から応援メッセージがたくさん届くのでやめられない。応援してくれる人の期待に応えるためにやっている。それがいいプレッシャーになっています。

山口 いろんな人の思いを乗せて走っているわけですからね。

稲田 「期待に応えないと、生きて日本に帰れない」という気持ちがあるから力が出るんです。レースだけでなく、練習でもそういう人たちをイメージしながらやっていますね。「この練習で、期待に応えられるのか?」ということを意識するからきつい練習ができる。ひとりでやっていたら、いつでも「もうしんどいからやめよう」という気になりますが、ひとりじゃないからそうもいかない(笑)

©Kenta Onoguchi

山口 それ、オリンピック選手と同じですね。自分ひとりの満足のためにやってるわけではなく、国民が結果を期待しているから、それに応えるためにやる。

稲田 私も戦中派ですから、大和魂とか日本人の誇りを見せたいという気持ちはあります。

山口 勝負って最後は気持ちが強い人が勝つと思うんです。それも大会本番だけじゃなく、練習からどれだけ気持ちを強く持てるかが最後に出る。

稲田 KONAで何度か優勝しましたが、ひとりじゃできないですね。色んな人の気持ちが私をゴールに導いてくれる。きつくて「もうだめだ」というときに、そういう人たちの声が聞こえ、顔が浮かんできます。それで「ここでやめてはだめだ」という気持が持続するから完走できる。

「今が青春」と思える

山口 そういう話を聞くと、稲田さんはまさに今、青春されてると思います。

稲田 レースではただひたすら前に進むだけで、あまりそういうことは考えませんが、練習では「今が青春だ」と感じますね。日々色々な発見があり、「もう少しうまくできないか」と考え、「今日はこれができた、明日はこうやってみよう」と工夫しながら、向上していく。「この年でも進化してるんじないか」と思うとうれしくなります。夢中になれる。

山口 私の好きな詩にサミュエル・ウルマンの『青春』というのがあるんですが、そこには「青春とは人生のある期間ではなく、心の持ち方のことだ」「たくましい意志、ゆたかな創造力、もえる情熱のことだ」という言葉が出てきます。

稲田さんこそ今、青春を謳歌されていると思います。みなさんの期待を背負って理想を追求している稲田さんの姿こそが、我々後輩にとって理想です。人生は長いですし、日々仕事に追われがちですが、ただ日々を過ごすのではなく、成長やワクワクを感じる日々が100年続くのが理想です。

©Kenta Onoguchi

稲田 今、私の生活そのものがトライアスロンのためにあります。トレーニングやレースだけでなく、寝ることや食べることも含めてすべてをトライアスロンのためにやることができる。それがうれしくてたまらない。

レースは目標ですが、それに向かっていく日々のワクワクする楽しさこそが生きがいであり、私を支えてくれている。バイクで走りながら「おれは今、生きてるぞ!」と叫ぶことがあるんですよ。

山口 稲田さんのそのすごい熱量をトライアスリートにもっと発信していきたいですね。私もこれからがんばって生きようと思いました。稲田さんのトライアスロンの背景にあるものを垣間見ることができて、貴重な経験ができました。

トライアスリートに贈るメッセージ

山口 新型コロナウイルスで様々なものが停止している今、レースに出られず、練習も思うようにできないトライアスリートに、稲田さんからメッセージをいただけないでしょうか。

稲田 クラブが閉鎖されて泳げませんが、バイクとランは練習できます。仲間と練習はできないので、毎日ひとりで人のいない場所を選んで練習しています。予定していた大会が秋に延期になったので、気楽にやっていますよ。一応出られることを想定して準備していますが。

山口 アイアンマンのレースシーズン再開がいつになるのか見えない状況ですが。

稲田 KONAの中止もありえますが、たとえそうなったとしても、それはそれでしかたがないことです。焦ることはない。色々な制約の中で何ができるか、自分なりに考えて練習しています。

これまで毎朝決まった時間にクラブでみんなとトレーニングしていましたが、今はそれがないので気楽です。ひとりだから自分なりの課題を発見し、工夫できるというメリットもある。たとえば身体の動かし方、筋肉の使い方を工夫していると、今まで使わなかった筋肉が使えるようになったりします。今の状況をポジティブにとらえて発見や工夫をしていけば、毎日楽しいですよ。

©Kenta Onoguchi

山口 トライアスリートはみんな同じような状況にありますから、そういうお話を聞くと勇気が出ると思います。新型コロナウイルスが終息したら一度合宿でご一緒したいです。

稲田 いろんな人の情報を聞いて参考にするのも楽しいですが、ひとりで家の近くのコースを開拓するとか、自分なりの発見や工夫もまた楽しいものです。こういう制約があるときだからこそ、今までやっていなかったことを工夫してみるのもいいでしょう。違うことをやることの中に楽しさはあると思います。

山口 今日は貴重なお話をありがとうございました。

山口一真の取材後記❷

100年スパンで考えると
より良い人生を追求する生き方が見えてくる

インタビューを終えた今の感想は、やはり稲田さんは我々の目標であり理想だということです。87歳でなおトライアスロンを通じて、より良い自分を追求する稲田さん姿勢はトライアスリートだけでなく、「人生100年時代」を生きる人すべてにとって最も大切なことだと思います。

私にとってこれまで稲田さんは近づきがたい「伝説の人」でしたが、実際に話してみると柔和で自然体のやさしい人でした。しかも、応援してくれる人の期待をエネルギーに変えるアスリート魂、トレーニング中に「俺は今生きてるぞ!」と叫ぶ熱いハートも持っている。こういう人こそ我々MAKESがサポートしたい人であり、「心と体の健康寿命100歳創り」という私たちのキーコンセプトを体現する人だと思います。

©Kenta Onoguchi

今、世界は新型コロナウイルスで大きな危機を迎えていますが、これまで人類は大きな危機を何度も経験しながら、それを乗り越えてきました。今回の危機を克服することで、世界は大きく変わるでしょう。新しい変化の中で、私たちはそれぞれの人生を豊かにするため、学び、備え、挑戦する努力を続けていく必要があります。

戦争や戦後の混乱、高度成長や大不況まで、様々な時代を生きながら、今なおトライアスリートとして豊かな人生を追求する稲田さんは、すべての人にとって大切なことを私たちに教えてくれているのだと感じました。

Brought to you by 


メイクスは、トライアスリートの人生100年を応援します。

-COLUMN, KONA Challenge

4 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


スパム対策のため、 日本語が含まれない欧文のみのコメントは投稿できません。


  1. 30歳でトライアスロン始めて34年、今64歳です。体のあちこちガタが来初めて70まで何とかやれるかなと思ってましたが、70歳から始めたは、驚きです。光を頂きました。生きてる実感まだまだ味わいます。

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM