COLUMN NEWS

<なるしまフレンド>チームで真夏の木更津トライアスロンにチャレンジ!

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

©Kenta Onoguchi

より多くの人とトライアスロンの楽しさを共有したい

自転車のプロショップ「なるしまフレンド」と言えば、強豪レーシングチームのイメージが強いかもしれないが、トライアスロン・クラブも存在し、多くのトライアスリートたちの挑戦を支える強い味方となっている。

そのトライアスロン・クラブから、「なるしまフレンド・チャレンジャーズ」という初心者からでも安心して参加できるチームが誕生した。

©Kenta Onoguchi

年間でトレーニング計画を立てトレーニングを積み、今年のターゲットレースは8月に開催された木更津トライアスロンに設定。10人のメンバーが挑戦した。

トライアスロン歴21年でチームの部長である小林浩史さんにチームを紹介してもらおう。

誰もが楽しめるトライアスロンチームに

「より多くの方にトライアスロンを知ってもらいたい」というコンセプトの元、立ち上がったチームです。キツイ・ツライだけのイメージだけではなく、老若男女が心から楽しめる、生涯スポーツとしての普及に貢献したいとう想いで立ち上げました。創部3年目のまだ若いチームです。

チームで大切にしているのは、ショートからロングまで「大人の部活動」として「トライアスロンを心から楽しむ」をモットーに活動しています。

基本的には、自転車の経験がある「なるしまフレンド」のクラブ会員で構成されています。このチームを通じてトライアスロンデビューした人がほとんどです。


友野由香さん「チームメイトのアドバイスや応援があるからトレーニングもレースも頑張れます」

林 雅信さん「初年度から入部し、オリンピックディスタンスから佐渡Aタイプ(スイム4㎞/バイク190㎞/ラン42.2㎞=日本最長)を完走するまでになりました。ときにはガチなメンバーとともに、楽し苦しく、充実した練習を楽しんでいます」

©Kenta Onoguchi

杉浦弘明さん「都心のショップのチームなので集まりやすく、機材トラブル時も安心なのがうれしいです。今までは自転車競技だけでしたが、今ではトライアスロンを楽しんでいます」

杉浦さんの言うように、自転車競技だけでも十分楽しいのですが、トライアスロンをすることで、楽しさの幅が広がったように思います。

主な練習内容は、月1回(毎月第2日曜日)の練習会を開催しています。メニューはブリック(バイク40~50㎞&ラン5~10㎞)の場合が多いです。

練習会風景

今年は、みんなで木更津トライアスロンに出場しました。きさトラは、スプリント、51.5㎞の距離設定があり、初心者からベテランまで十分に楽しめる大会だと思います。

都心からのアクセスも非常に良く、自衛隊駐屯地内のコース設定もいいですね。事前受付の対応などもとても気に入っています。それから、トライアスロンらしい暑さと滑走路を思いっきり走れるのは、きさトラならではだと思っています。

©Kenta Onoguchi

【なるしまフレンド・チャレンジャーズ メンバー募集中】

©Kenta Onoguchi

現在自転車競技だけを楽しんでいる方はもちろん、初めての方も大歓迎なので、一緒にトライアスロンを楽しみませんか? 現在30人程度が所属しています。このチームからデビューした方が多いので、「やってみたい」という気持ちがあれば、安心してご参加いただけます。一緒にトライアスロンを楽しむ同志を広く募集していますので、ご興味がある方はお問い合わせください!

なるしまフレンド神宮店 TEL:03-3405-9614
チャレンジャーズ担当:小林浩史まで

◎なるしまフレンド
http://www.nalsimafrend.jp/

-COLUMN, NEWS

2 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。



関連記事

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM