GEAR NEWS

【スペシャライズド】まったく新しいスポーツe-BIKE TURBO CREO発売

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

最軽量のe-ロードバイクでまったく新しいスポーツへ

9月に行われたエクステラ・ジャパン丸沼でも「e-bike」部門ができるなど、国内でも徐々に浸透してきたスポーツe-bike。いわゆる電動機付自転車(ママパパの強い味方)とは違う、本格的なe-ロードバイクは、サイクリストやトライスリーとに新しい自転車の楽しみ方を教えてくれる存在だ。

スペシャライズドは、日本でも待望のTurboロードバイクを本格的に始動した。上りを平らに感じさせ、向かい風さえも余裕の表情で突き進める。 軽さ、パワー、長い走行可能距離、通信機能が、想像を超える能力を授けてくれる。ロードバイクでありながら、今乗っているロードバイクとはまったく違う乗り物だと言える。

電動バイクだと忘れるほどの軽さ

e-BIKEは重いのが当たり前、と思われているが、スペシャライズドは、軽くてキビキビと走れるフレームに、高速域で安定する機敏なジオメトリーを与え、快適で確実な操作を可能にするFuture Shock 2.0を搭載させた。Turbo Creo SLは、ただ最軽量のe-BIKEであるだけでなく、他社製品よりも軽量なのが驚き。

あなたの力をアシスト

スムーズに動く240ワットのスペシャライズド SL 1.1 モーターは、こぐ力をアシストし、非常に静か。ケイデンスがもっとも効率的となる毎分60から100回転の時にアシストを最大限発揮できるよう設計されているため、あたかも自分の脚に超人的能力が備わったかのように感じられる。

あっという間に伸びる走行距離

Turboのモーターユニットは、十分な走行可能距離を想定して、スイスで設計されてる。その走行可能距離は、最長約193km(内蔵バッテリーで約129km、オプションのレンジエクステンダーでさらに約64km)を誇り、充電の心配をすることなく、山岳ルートを1日中平坦に感じさせてくれる。

アリソン・テトリック(アメリカのプロサイクリスト)

MISSION CONTROL でアシストレベルを自在に操作

Mission Control アプリを用いると、アシストレベルやバッテリーの使用量を管理できる。このアプリなら、Turboの性能をシームレスで直感的に引き出せる。内蔵のパワーメーターはこいだ力を記録でき、またTurbo Connect Unitからはアプリを介さずに、アシストレベルなどを管理できる。

▼プロダクト動画▼


商品名:S-WORKS TURBO CREO SL
価格:1,350,000(税抜)
カラー:GLOSS SUPERNOVA CHAMELEON / RAW CARBON
サイズ:S,M,L


商品名:TURBO CREO SL EXPERT
価格:900,000(税抜)
カラー:CAST BATTLESHIP / BLACK / RAW CARBON
サイズ:XS、S、M、L

商品名:TURBO CREO SL EXPERT EVO
価格:900,000(税抜)
カラー:BLACK GRANITE / GREEN BLUE CHAMELEON
サイズ:XS、S、M、L

商品名:TURBO CREO SL CARBON
価格:670,000(税抜)
カラー:PRO BLUE / VIVID PINK / BLACK、SATIN CARBON / HOLO REFLECTIVE / BLACK
サイズ:XS、S、M、L

商品名:TURBO CREO SL COMP CARBON EVO
価格:670,000(税抜)
カラー:NAVY / WHITE MOUTAINS / CARBO
サイズ:XS、S、M、L

◎プロダクトページ

-GEAR, NEWS

2 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。



関連記事

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM