NEWS

アジア大会結団式で細田雄一、競泳・瀬戸大也のトライアスロンデビューをけん制!?

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

アジア大会結団式後のトークイベントで「競泳以外で出てみたいのはトライアスロン」とコメントする瀬戸大也(これを受けた細田雄一とのやりとりは記事後半に)

8/18開幕のアジア大会へ向け、トライアスロン代表ら日本選手団が結団式

インドネシアのジャカルタ・パレンバンで開催される「第18回アジア競技大会」(8月18日~9月2日、以下アジア大会)の日本代表選手団・結団式が8月10日、都内で開催され、各競技の代表選手と、山下泰裕・団長をはじめとする日本選手団が、来賓としてご臨席された秋篠宮同妃殿下や、竹田恆和・JOC会長ら関係者を前に大会での健闘を誓った。

合計41競技1096選手が参加する今回のアジア大会。各競技の世界選手権など国際大会が続く中、開催されるとあって、その意義が問われることも多いが、日本代表選手団としては、「2020年の東京オリンピックに向けて(開催国としての)機運を高めてく、重要なステップ」(山縣亮太・主将=陸上競技100ⅿ代表)と位置付けており、山下団長も2020東京に向け、「各競技団体がチームとして一体となるための情報や認識を共有する機会としたい」と語るなど、特別な意味をもつアジア大会になることを強調した。

オリンピック正式種目であるトライアスロンも、41競技の中に数えられるアジア大会正式種目のひとつで、8月31日に男子、9月1日に女子、同2日の最終日には混合リレーが開催される。日本代表としてアジア大会に臨む代表選手、男女各3人は以下のとおり。

アジア大会では、細田雄一が大会2連覇(2010・2014年)を果たしているほか、混合リレーでも日本チーム(佐藤優香、田山寛豪、上田藍、細田)が前回大会を制するなど、圧倒的な強さを見せてきただけに、今大会でもメダルラッシュが期待される。

【女子】
高橋侑子(ITU World Ranking 10位)=写真下
佐藤優香(同 20位)
瀬賀楓佳(同69位)※混合リレー

国内勢としてはITU世界ランク最上位(10位)でアジア大会に臨む高橋侑子。勝利して2020東京に向けて弾みをつけられるか ©Onoguchi Kenta

【男子】
古谷純平(同60位)
細田雄一(同77位)=写真下
小田倉真(同81位)

アジア大会を2連覇中の細田雄一。若い古谷、小田倉らの勢いを抑えて3連覇を果たすことができるか ©Kenta Onoguchi

競泳界のエースがトライアスロン参戦表明!?

今回の結団式には、トライアスロン代表選手の中から細田雄一が出席。結団式後の出陣式(トークショー形式の記者発表)では、「競泳以外でやってみたいのはトライアスロン」とコメントした競泳界のエース瀬戸大也とのやりとりが、話題を呼んだ。

一般報道などでも早速紹介されているこのくだりを、Lumina だけの「ほぼノーカット・ヴァージョン」でお届けしよう。

日本選手団・結団式の後、開催された出陣式(メディア発表会)には細田雄一、瀬戸大也のほか山縣亮太・主将、上野由岐子・旗手(ソフトボール)ら、そうそうたるメンバーが参加した

瀬戸「トライアスロンがずっと気になっている」
細田「ホントに困ります(笑)。デビューは東京五輪後に」

MC 競泳のほかに瀬戸さんが挑戦してみたい競技はありますか?

瀬戸 自分はトライアスロンがずっと気になっています。小さいころアクアスロンを少しだけやったことがあって、ジュニアのころトライアスロンもやってみたかったんですけれど、バイクが高くて、できなかった。もし機会があったらトライアスロンをやってみたいと思っています。

MC 瀬戸選手はトライアスロンに挑戦したいということなのですが、細田選手、どうでしょう? 瀬戸選手に何かアドバイスがあれば。

細田 いやホント困るんですよね(笑)。身体能力の高いスポーツからトライアスロンに参加されると。実は先月、他競技の選手がトライアスロンデビューしまして、デビュー戦でいきなり優勝しちゃったんです。それを指導したのが私なので、私も指導力はあるのかなと。

瀬戸選手、もしトライアスロンデビューされるときはコーチとして、ぜひ宜しくお願いします(笑)!

MC でも陸上であれば、細田選手、勝てるんじゃないでしょうか?

細田 (瀬戸選手は)身体能力が高いですからねー。アクアスロンにも出られた経験があるとのことで、恐ろしいですね。瀬戸選手、ぜひ(デビューは)東京オリンピック後にしていただいて。

東京は私が出たいので、東京後、パリに向けて宜しくお願いします(笑)。

MC ということで、瀬戸選手、東京オリンピック後にお願いします。

瀬戸 そうですね。じゃあ、東京後はトライアスロンでオリンピックを目指そうと思います(笑)。

瀬戸(最前列)と細田(後列右側)のやりとりに、他競技の代表たちからも思わず笑みがこぼれる

***
元競泳日本代表で五輪メダリストの松田丈志さんが、今年、トライアスロンに挑戦し、佐渡国際トライアスロンBタイプにも参戦表明して話題となっているが、それに続いて、今度は現役トップスイマーによる、まさかのトライアスロン参戦表明(?)。

今回の瀬戸大也のコメントは、トライアスロンへの憧れや興味が、他競技のトップアスリートの間でも根強いものがあることを示す、トライアスリートにとっては、ちょっとうれしい話題といったところか。

和やかな中にも日の丸を背負うアスリートの自負と緊張感を共有するアジア大会日本選手団。トライアスロン日本代表はもちろん、瀬戸大也をはじめとする競泳陣や、ほかの競技の代表の躍進にも期待しよう。

◎公益財団法人 日本オリンピック委員会(JOC)公式サイト
第18回アジア競技大会ページ
https://www.joc.or.jp/games/asia/2018/

-NEWS

2 interest


コメントを投稿するにはログインをしてください。

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM