NEWS

【東京2020】パラリンピック PTWC木村潤平が6位入賞

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

PTWC木村潤平は6位入賞。前回リオ大会(10位)から大きくステップアップ ©Janos M. Schmidt | World Triathlon

6位入賞の木村。レジェンド土田、谷も完走

東京2020パラリンピック、トライアスロン競技の2日目、8月29日(日)にはPTWC、PTS5のレースが開催され、日本勢では、PTWC男子の木村潤平が6位入賞を果たした。

パラリンピック9度目の出場となるレジェンド土田は9位。1週間後のパラリンピック最終日にはマラソンに出場する ©Delly Carr | World Triathlon

オリンピックの最終聖火ランナーにも名を連ねたレジェンド・パラアスリートの土田和歌子(PTWC)は9位、

東京2020大会招致の立役者のひとりとしても知られる谷真海(PTS5)は10位で完走している。

自身のクラス(PTS4)が開催されず、比較的障がいの軽いPTS5での出場となった谷も10位で完走。最後は事前に語っていたとおり笑顔でフィニッシュラインを越えた ©Delly Carr | World Triathlon

チームJAPAN「複数個メダル獲得」の目標を達成

この2日目で、全クラスのレースを終えたパラリンピック・トライアスロン。

正式種目として初めて採用されたリオ大会の経験をもとに、強化体制を模索してきたチームJAPANは、

宇田秀生(PTS4)の銀、PTVI(視覚障がい)米岡 聡の銅とふたつのメダルを獲得。

秦由加子(PTS2)、木村潤平が、それぞれ6位入賞を果たし、

富川理充・JTUパラリンピック対策チームリーダーが、チームとして掲げた目標のひとつ「複数個のメダル獲得」を達成した。

>>2日目レース後のコメント

「自分としてはメダル争いに食らいつきたかったので、納得いく結果ではないですが、これまで多くの人に応援してもらって、しっかり諦めずに走りきる姿を見てもらいたかったので、最後まで気持ちを込めて走ることができたのは、よかったです」(木村潤平)

「昨日、(チームJAPANの)仲間たちが大活躍してくれまして、それに刺激を受けて、しっかりやり切りたいとレースに挑みました。バイク、ランで(思うように)追い抜くことができなかったのは残念ではあったのですが、やり切れた清々しさはあります」(土田和歌子)

パラリンピック・トライアスロン2日目

8月29日(日)大会結果

※距離はスプリント
(S750m/B20km/R5km)

PTWC男子
▼金メダル
イエツェ・プラト(NED)00:57:51
▼銀メダル
フロリアン・ブルングラバー(AUT)00:59:55
▼銅メダル
ジョバンニ・アケンツァ(ITA)01:04:24

6位 木村潤平(JPN)01:04:50

PTWC女子
▼金メダル
ケンドール・グレッチ(USA)01:06:25
▼銀メダル
ローレン・パーカー(AUS)01:06:26
▼銅メダル
エバ マリア・モラル ペドレロ (ESP)01:14:59

9位 土田和歌子(JPN)01:22:32

壮絶なゴールスプリント勝負となったPTWC女子。最後はグレッチ(写真右)が、世界女王・パーカーを僅差で破り金メダルを獲得 ©Delly Carr | World Triathlon

PTS5男子
▼金メダル
マルティン・シュルツ(GER)00:58:10
▼銀メダル
ジョージ・ピーズグッド(GBR)00:58:55
▼銅メダル
ステファン・ダニエル(CAN)00:59:22

PTS5女子
▼金メダル
ローレン・ステッドマン(GBR)01:04:46
▼銀メダル
グレース・ノーマン(USA)01:05:27
▼銅メダル
クレア・カシュモア(GBR)01:07:36

10位 谷 真海(JPN)01:22:23

秦由加子&&宇田秀生
両選手インタビュー記事
はルミナ最新号で!

好評発売中のLumina最新号(9月号)では、銀メダルを獲得した宇田秀生(PTS4)、リオに続き6位入賞を果たした秦由加子(PTS2)両選手のインタビュー記事を掲載しています。

>>詳細・ご購入はコチラ

-NEWS

2 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


スパム対策のため、 日本語が含まれない欧文のみのコメントは投稿できません。


【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM