NEWS

【東京2020】パラリンピック 宇田が銀、米岡が銅メダルを獲得

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

パラリンピック・トライアスロン初日の初戦。気迫あふれるレースで銀メダルを獲得した宇田秀生(PTS4)©Delly Carr | World Triathlon

日本勢にパラリンピック史上初のメダルふたつ

東京2020パラリンピックのトライアスロン競技、1日目の8月28日(土)は、PTS4男子、PTS2 女子、PTVI (視覚障がい)男女のレースが開催され、

期待の日本勢では、PTS4男子で宇田秀生が得意のバイク・ランで順位を上げ、銀メダルを獲得。

リオ大会から正式種目となったパラリンピック・トライアスロン競技で、日本勢初のメダルをもたらし、事前に公言していたとおりチームJAPANにとって良い流れをつくってみせた。

PTVI(視覚障がい)クラスで銅メダルを獲得した米岡 聡とガイドの椿浩平 ©Janos M. Schmidt | World Triathlon

また、PTS4男子、PTS2 女子に次いで開催されたPTVI(視覚障がい)クラスのレースでは、 米岡 聡が課題としていたスイムを好位置で上がり、バイクで一時、順位を落としたものの、得意のランで粘って銅メダルを獲得。

PTS2 で6位入賞を果たした秦由加子 ©Delly Carr | World Triathlon

PTS2 女子では秦由加子がリオ大会に続き6位入賞。

PTVI 女子では円尾敦子が11位で完走を果たしている。

PTVI 円尾敦子は11位で完走 ©Delly Carr | World Triathlon

>>レース後のコメント

「いつものレーススタイルですが、最後まで諦めずに追いかけました。バイクで踏めるだけ踏んだあとは、どうにでもなる!と思って走ってました。いままでいろいろなことがありましたが、多くの人にサポートしてもらって本当に感謝していますし、結果オーライということで、今はすごく幸せです」(宇田秀生/PTS4男子)

メダルセレモニーでも表情豊かに喜びを表した宇田(写真左) ©Janos M. Schmidt | World Triathlon

「思うような順位でなくて悔しいですが、やってきたことは出し切れたと思う。この5年間、ひとつでも上の順位をと思って取り組んできましたが、世界は強かったです。こんなにすがすがしい気持ちでフィニッシュを迎えられ、いろいろな選択が間違っていなかったと思えました」(秦由加子/PTS2 女子)

パラリンピック・トライアスロン2日目
8月28日(土)大会結果

※距離はスプリント
(S750m/B20km/R5km)

PTS4男子
▼金メダル
アレクシ・アンカンカン(FRA)00:59:58
▼銀メダル
宇田秀生(JPN)01:03:45
▼銅メダル
アレハンドロ・サンチェス パロメロ(ESP)01:04:24

PTS2 女子
▼金メダル
アリサ・シーリー(USA)01:14:03
▼銀メダル
ヘイリー・ダンツ(USA)01:14:58
▼銅メダル
ベロニカ ヨコ・プレバニ(ITA)01:15:55

6位 秦 由加子(JPN)01:28:04

PTVI 男子
▼金メダル
ブラッド・スナイダー(USA) 01:01:16
▼銀メダル
エクトル・カタラ ラパラ(ESP)01:02:11
▼銅メダル
米岡 聡(JPN)01:02:20

PTVI 女子
▼金メダル
スサナ・ロドリゲス (ESP)01:07:15
▼銀メダル
アンナ・バルバロ(ITA)01:11:11
▼銅メダル
アンヌク・キュルジヤ(FRA)01:11:45

11位 円尾敦子(JPN)01:20:59

Tokyo2020
パラリンピック・トライアスロン2日目
8月29日(日)開催スケジュール

男子 PTWC1 6:30~ *木村潤平 出場
女子 PTWC1  6:31~
男子 PTWC2 6:33:08~
女子 PTWC2 6:35:04~ *土田和歌子 出場
男子 PTS5 8:30~
女子 PTS5 8:31~ *谷真海 出場

>>レースの模様は NHK BS1で放送予定!

>>秦由加子・宇田秀生両選手が語る
トライアスリートのための観戦ガイドはコチラ

>>トライアスロン2日目
出場3選手の大会前コメントはコチラ

-NEWS

2 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


スパム対策のため、 日本語が含まれない欧文のみのコメントは投稿できません。


関連記事

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM