《Users Review》アイアンマン・マレーシアについてのコメント募集中!

投稿日:2018年6月7日 更新日:


ルミナ編集部

text by:

大会についての感想や情報をみんなで共有しよう。コメント投稿・閲覧はページ最下段から。

©Kenta Onoguchi

アイアンマン・マレーシア

©Kenta Onoguchi

©Kenta Onoguchi

©Kenta Onoguchi

©Kenta Onoguchi

©Kenta Onoguchi

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

大会名
アイアンマン・マレーシア

開催日
2018年11月17日

開催地
ランカウイ

レース情報
トライアスロン
IRONMAN
定員 0人|参加費 0円
スイム:3.8km
スタート方法:ローリングスタート
コース紹介エイジグループは、ローリングスタートとなります。選手はビーチのタイミングマットを通過後、入水し、スイムを開始します。4~5人ずつ順次スタートしますので、選手は安全かつスムーズにスイムを開始することができます。スイム終了後、選手はトランジション1エリア(T1)まで、200mを走って移動します。11月でも水温は30度前後ありますので、ウェットスーツは着用禁止です。
バイク:180km
コース紹介バイクコースは、パンタイコック(Pantai Kok)からTeluk Yu通り(Jalan Teluk Yu)方面へ、時計回りに2周するコース。島の北西部に位置するダタイの丘陵から、南東部へ向かいます。「カンポン」と呼ばれる、昔ながらの村々を走り抜ける時、選手たちは、カラフルな色と音に彩られた、本物の地元の雰囲気を味わうことが出来るでしょう。 ダタイの折り返し地点へ向かう途中には、ランカウイの滝を通過します。野生動物や高低差のある地形が待っています。2周目の終わりには、マハスリ国際展示場に設けられたトランジション2エリア(T2) を目指し、パンタイコックの海岸線を走ります。 ランカウイ国際空港へのアクセスを確保するため、コースの道路は一般車両と共有となります。
ラン:42.2km
コース紹介素晴らしい景観を誇るセナンビーチを通過するランコースは、マレーシアでのアイアンマンレースの醍醐味です。マハスリ国際展示場のT2を出た選手たちは、ランカウイ国際空港の滑走路沿いのコースを走ります。南国の雰囲気たっぷりで、フラットなコースを2周するランのフィニッシュは、「メリタス・ペランギ・ビーチリゾート&スパ」ホテル前のビーチです! *ランコースは変更となる場合があります。

参加資格

申込期間
2018/03/30~2018/10/07

当日受付
不可

選考方法
先着順

スタート時刻
7時台

表彰対象

ローカル・ルール
その他

交通機関

大会セールスポイント

開催地周辺
セールスポイント

前年レースデータ

主催

申込・問い合わせ先

備考
★下にコメント欄が表示されない場合、コメント投稿・閲覧はこちらから
 https://lumina-magazine.com/archives/raceguide/8003

-未分類

8 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


  1. 初ロングを完走した思い出の大会。地元の人も優しいし、料理もおいしいです。
    物価も安いので、滞在費用はさほど掛かりません(高いのは国内移動費とエントリーフィ)。
    2017年は約280人の日本人が参加しています。
    ロングは国内大会の抽選が通ったら~…なんて待つよりは旅行も兼ねて行っちゃうのもアリです。
    (Bavie / トライアスロン歴/2年)

  2. 2017年に出場した海外レースは、Malaysiaだけでしたが、①日本人選手が多くて(200名以上で国別2位)割と安心、
    ②時差少なく(3時間)、③食事も日本人にあう、④(熱帯のため)何時でも何杯でも美味しくBEERを飲める
    といったところでしょうか。①と④は、結構ポイント高いっすね~(笑)。(どす鯉Naito トライアスロン歴/27年)

もっと見る

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM