NEWS RACE&EVENT

【10/6(日)開催】「日本一やさしいレース」前橋トライアスロンフェスタ エントリー開始

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

©Hao Moda

海なし県の群馬でもトライアスロンを 今年で3回目の開催

3年前に始まった前橋トライアスロンフェスタは、元トッププロとして日本のロングディスタンス界をけん引してきた酒井絵美さんがプロデューサーを務める。

「選手のときには分からなかったけれど、運営側になって分かることがたくさんあった」という酒井さんの想いが込められており、毎年進化を遂げている。エントリーを開始して1日で申し込みは100人越え、リピーターのほか新規の申し込みも多数あり「群馬でトライアスロン」の認知度が年々増していると言えそう。

スイムは敷島公園内の50m屋内プール。外光が降り注ぎとても明るく広々していて泳ぎやすい ©Hao Moda

本大会が掲げる「やさしいトライアスロン」のについて酒井さんは
「距離が短い(一般の部でスイム500m/バイク16㎞/ラン4㎞)という意味もありますが、初めてトライアスロンに挑戦する方が、少しでも不安がない状態で参加できるよう、持ち物リストや会場に到着してからの流れなどがわかる「優しい選手案内」を用意しました。また、大人向けに大会前にはコース試走会を開催して、3種目実際のコースを試走して、安心感を持ってもらうようなイベントも実施します」と話してくれた。

バイクは利根川沿いの国体道路。平坦なのでDHポジションでも行けるし、初心者もマイペースで走ることができる ©Hao Moda

群馬県前橋市の中心部にある県立敷島公園内がメイン会場でアクセスも良く、スイムは室内50mプール、バイクは利根川沿いで、ランは松林などもオフロード部分も含む変化に富んだコースになっている。距離が短くても十分満足できるレイアウトだ。

カテゴリー数が多く、未就学児も参加OK(スイム15m/バイク400m/ラン100m)なので、家族でトライアスロンデビューというのも楽しい。

敷島公園内の松林はまるでちょっとしたトレイル。競技ごとにシチュエーションが変わるので飽きないし、短い距離でも満足できる ©Hao Moda

特に未就学児の部は大人気ですぐに定員いっぱいになってしまうそうなので、お子さんのデビュー戦を考えている人はお早めに申し込みを。

◎第1回大会のレポートはこちら
https://lumina-magazine.com/archives/news/7961

未就学児から小学生、中学生、高校生まで参加OK。家族でトライアスロンデビューも叶う ©Hao Moda

◎前橋トライアスロンフェスタ
開催日:10月6日(日)
会場:群馬県敷島公園、前橋国体道路、正田醤油スタジアム群馬
http://mae-tra.com/access.html
距離:一般・一般(リレー)・企業対抗リレー(S500m/B16km/R4km) 、ビギナー(S300m/B7km/R2.3km)、小4-6年生、小1-3年生(50m/1.5km/0.5km)、未就学児(S15m/0.4km/0.1km)
定員:一般300人、一般リレー・企業対抗リレー各50組、ビギナー200人、小4-6年生・小1-3年生各75名、未就学児70名
※ビギナー参加資格/中学生以上 ※一般参加資格/中学生以上
募集期間:8月31日(土)まで

申し込みはこちら:MSPOエントリー 前橋トライスロンフェスタデスク
「第3回前橋トライアスロンフェスタ係」
TEL:042-370-7431/FAX:042-379-1992
メール: entry@mspo.jp

大会HP:http://mae-tra.com/

-NEWS, RACE&EVENT

3 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。



関連記事

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM