NEWS

ニッスイ×AuB 神野大地選手のコンディション向上プロジェクト始動

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

Zoomを使用したオンライン記者会見を実施。写真右からAub鈴木啓太氏、神野大地選手、ニッスイ関口洋一氏

EPAで「常にトップのコンディションを維持する」神野大地選手

日本水産株式会社(以下ニッスイ)とサッカー元日本代表の鈴木啓太さんが代表を務めるアスリートの腸内細菌を研究するスタートアップAuB(オーブ)は共同で、青魚に多く含まれ、筋肉痛緩和・持久力向上の効果のあるEPA(エイコサペンタエン酸)と腸内環境の相関関係を、トップアスリートで検証する取り組みを行っている。

昨年9月に、陸上男子マラソンの神野大地選手(セルソール株式会社所属)のコンディションをサポートする「ニッスイ×AuB 神野大地選手のコンディション向上プロジェクト」を立ち上げた。

神野選手は、青山学院大学時代、箱根駅伝で「山の神」として活躍。実業団時代から、EPAのサプリメントを継続して摂取している。

ニッスイ取締役常務執行役員の関口洋一氏は「マラソン選手の血中のEPA濃度と腸内環境に注目している。神野選手のプロランナーとして真摯に取り組む姿勢に共感した」として、SPORTS EPA ULTRAPUREを提供している。

また、腸内環境を整え、身体の健康を保つ、酪酸がスポーツ選手の場合は一般の人の約2倍、神野選手の場合は、約4倍保有していることが分かっている。

神野選手の腸内環境についてAuBの研究統括責任者である、冨士川凛太郎氏は「神野選手が一般の方の4倍保有している理由を明らかにするために調査している。コンディションに関わる指標として血中のEPA濃度と腸内細菌という2つをモニターし、体質・体調、特性などを研究していく」と話した。

EPAを摂り続け効果を実感しているという神野選手

神野選手は
「社会人1年目からEPAを摂るようになりました。摂取前と後の変化と言えば、学生時代は疲労骨折を5~6回したのですが、EPAを摂るようになってからはそれがなくなりました。筋肉の炎症や、疲労を軽減する力もあるので、それが要因かなと思います。

また、アスリートは腸内環境を良い状態に保っておくことで、良い練習ができ、試合でベストパフォーマンスが出せます。腸内環境について、いつも気にしているわけではないですが、毎日の便の状態はチェックしていました。これは皆さんも一緒ではないでしょうか? 僕は1日3回便がでることもあり、他の人よりは腸内環境はいいのかな、と感じています。

以前は、別のサプリメントを摂取していましたが、2年前からSPORTS EPA ULTRAPUREを摂取し始めました。そこから、筋肉の疲労が軽減され、持久力、心肺機能の向上を練習や試合で実感しています。

それからインフォームドチョイスの認証も受けているので、常にドーピングの検査とは隣り合わせなアスリートたちにとって、安心できます。

アスリートは常にトップのコンディションを維持するのが大事なので、引き続きEPAを摂ることで、常に良い状態を保てるようになればいいですね。

こういう状況下ですが、やることについては特に何も変わりません。こういうときだからこそ、前向きに頑張れる選手というのは、これからいろいろな困難があっても立ち向かえる選手。来るべきチャンスに向けてアスリートは常に用意しています。プロとして、マラソンで結果を出すために引き続き頑張っていきたいと思っています」とコメントした。

SPORTS EPA ULTRAPUREはKONAチャレのプロジェクトリーダー竹谷賢二さんや、メンバーたちも摂り続け、コンディショニングに役立てている。

「SPORTS EPA ULTRAPURE」については>>
https://lumina-magazine.com/archives/news/6216
EPA摂取についての関連記事はこちら>
https://lumina-magazine.com/archives/news/15402

ニッスイ×AuBは神野選手の腸内環境の結果から、EPAをより良く吸収するために、腸内環境がどう影響するか、1年かけて研究をしていく方針。

《アスリートとEPAに関するニッスイの取り組み》
サバなどの青魚の脂肪に多く含まれ、血中の中性脂肪を減らすとされる等の栄養素として知られるEPAは、近年の空前の「サバ缶」ブームで、ますます注目度が高まっている。ニッスイはリレハンメル五輪の年(1994 年)から、EPAの摂取がアスリートに与える効果を研究を続けている。トップアスリートへの研究実験で「運動時の酸素摂取量の低減」や「運動時のつらさの軽減や心拍数の低下」等を確認している。こうした実証データや今回のプロジェクトを継続しながら、スポーツ選手やスポーツ愛好家へのEPAの販促などに生かていく考え。
《AuBについて》
元浦和レッズ・サッカー日本代表の鈴木啓太氏が社長を務めるAuBは2015年10月創業のアスリートの腸内細菌を研究する企業です。代表取締役の鈴木啓太氏は、サッカーJ リーグチームである浦和レッドダイヤモンズのプロ選手(2000.1-2016.1)で、日本代表 (A 代表)でも活躍した、元トップアスリートです。 鈴木氏は、栄養士の母親に幼少の頃から「人間は腸が一番大事」「便を見なさい」と言われ、育つ。腸内環境の重要性をいち早く認識し、現役時代からお腹でコンディショニングを整えてきた。

-NEWS

2 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


スパム対策のため、 日本語が含まれない欧文のみのコメントは投稿できません。


【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM