KONA Challenge NEWS

KONA〈アイアンマン世界選〉2022年2月延期開催へ

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

©Kenta Onoguchi

アイアンマン世界選手権は
2022年2月と10月の2回開催に

IRONMAN(アイアンマン)シリーズを主管するIRONMAN Groupは日本時間の8月20日未明、今年10月に開催予定だったアイアンマン世界選手権(KONA)の開催を見合わせ、来年2月5日に延期開催することを発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大が、変異株のまん延により世界的に新たな局面を迎えている現状を踏まえての延期決定。

アイアンマングループのCEOアンドリュー・メシック氏は公式リリースで、以下のようにコメントしている。

「COVID-19と新しいデルタ株のまん延はハワイ島のコミュニティに甚大な影響を与えました。ハワイ政府やコミュニティ・リーダーとの広範な協議の結果、(10月9日に開催予定だった)レースイベントを2022年2月に延期することが最善の策であるという決断に至りました」

東京2020の後、自身でもアイアンマンへの参戦を表明していた金メダリスト、ブルンメンフェルト。いかにもロング適性の高そうな「強さ」が五輪直後のKONAでどう発揮されるか、注目を集めていた。2022年2月開催への参戦に期待したい ©World Triathlon Media / Wagner Araujo

KONAは昨年(2020年)大会もコロナ禍の影響で当初2021年2月への延期開催を決めていたが、2月の開催は実現せず、今年10月9日に仕切り直し開催となる予定で準備が進んでいた。

この8月には東京オリンピック・トライアスロン競技を沸かせた金メダリスト、クリスティアン・ブルンメンフェルト(ノルウェー)、フローラ・ダフィ(バミューダ)の特別招待もリリースされ、北京五輪金メダリストでKONA3勝の現役世界王者ヤン・フロデノ(ドイツ)、東京2020の代表選考レース(WTCSリーズ大会)にも参戦して51.5kmでもメダリストらと互角に渡り合ったKONAのスター選手、ルーシー・チャールズ・バークレー(イギリス)との対決が注目されていたが、

三度スケジュールの変更を余技なくされており、今後もさらなる影響の拡大・延長が懸念される。

同じくアイアンマングループからKONAへの招待を受けていた女子の金メダリスト、ダフィ ©World Triathlon Media / Wagner Araujo

日本を代表して世界に挑むKONAアスリートたちにとっても、長い試練の時期が続く。写真は直近2019年KONA日本人競技説明会に臨んだ我らが日本代表たち ©Kenta Onoguchi

-KONA Challenge, NEWS

1 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


スパム対策のため、 日本語が含まれない欧文のみのコメントは投稿できません。


関連記事

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM