RACE&EVENT

【5/8】服部勇馬らアスリートも賛同 チャリティーラン「Wings for Life World Run」に参加しよう

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

©Predrag Vuckovic for Wings for Life World Run/ Red Bull Content Pool

追跡車に追いつかれずにラン!
アプリラン&日本各地でイベントを実施

Wings for Life(ウィングスフォーライフ財団)は日本時間の5月8日(日)20時より、脊髄損傷の治療方法発見に取り組む研究の資金助成を目的に全世界で一斉にスタートするランニングイベント「Wings for Life World Run(ウィングス・フォー・ライフ・ワールドラン)」を開催する。

所定のコースを走るフラッグシップ・ランとスマホアプリを使って普段自身が走っているコースを走るアプリランの2カテゴリーを用意。

日本ではフラッグシップ・ランではなく、アプリランの参加者が集まって走るアプリランイベント(リアルイベント)を東京都の神宮外苑と豊洲、北海道の真駒内スタジアム、新潟県の南魚沼市、愛知県の豊田スタジアム、大阪府のヤンマーフィールド長居、そして福岡県のマリンメッセ福岡で開催する。

©Jason Halayko for Wings for Life World Run/ Red Bull Content Pool

現在アプリラン・イベント及びアプリランの参加者をwww.wingsforlifeworldrun.com で募集中。

Wings for Life World Run には五十嵐カノア、上田瑠偉、鬼塚雅、紀平梨花、小林陵侑、高梨沙羅、中村輪夢、四十住さくらなどのレッドブル・アスリートをはじめ、イベント・アンバサダーとして、脊髄損傷による下半身不随から見事復活して北京パラリンピックに出場を果たしたプロ・スノーボーダーの岡本圭司さん、動画クリエイターで下半身麻痺・車椅子ユーザーの渋谷真子さん、アプリラン・イベント開催地代表として新潟出身で東京五輪日本代表の服部勇馬さん、脊髄損傷による四肢麻痺の現代アート作家松嶺貴幸さん等が賛同している。

Wings for Life World Run は通常のランニングイベントと異なり、世界中のランナーが一斉にスタートするだけでなくゴールの設定がない。スタート 30 分後にキャッチャーカーと呼ばれる追跡車がスタートから走りだし、参加者たちを追いかけます(アプリではバーチャルのキャッチャーカーを表示される)。

キャッチャーカーは最初ゆっくり走り、所定の時間ごとにスピードを上げていく。キャッチャーカーに追い抜かれた参加者はレース終了となる。

©Lukasz Nazdraczew for Wings for Life World Run/ Red Bull Content Pool

そして世界で最後まで残った男女に世界チャンピオンの称号が贈られる。

2014年にスタートし、日本では 2015年と2016年に滋賀県高島市でフラッグシップ・ランを開催し、2015 年に渡邊裕子さん(56.33 km)、2016 年に吉田香織さん(65.71 km)の 2 名が女子世界チャンピオンに輝いている。

昨年は 184,236 人が参加して 410 万ユーロ(約 5 億 4,400 万円)集まり、参加費の全額と同額が Wings for Life 財団に研究助成費として寄付されている。

追跡カーに追いつかれずに何km走れるか? チャレンジしてみよう!

【イベント・アンバサダーコメント(一部抜粋)】

服部勇馬(マラソンランナー)
Wings for Life World Run は、世界、日本各地での開催が予定されています。今大会に参加される皆さんは、自身の定めた目標達成を目指すと共に『走れない方の為に走る』支え合いの気持ちを持って走っていきましょう。Wings for Life World Run を通じて、脊髄損傷に見舞われた方々に明るい未来が訪れる事を心から願っています。

高梨沙羅(レッドブルアスリート)
Wings for Life World Run は世界中で開催されているイベントで、参加することでチャリティーのためにもなり、脊髄損傷の治療法研究のためになるイベントです。ぜひ一緒に盛り上げていきましょう

渋谷真子(動画クリエイター)
私は約4年前、茅葺き屋根の修繕中に転落して脊髄損傷になりました。茅葺き屋根という歴史がある家を直して守る事は出来なくなりましたが、諦めたわけではありません。
現在は幹細胞を使った再生医療の治療を行い、また自分の足で立ち上がれるようにリハビリをしています。研究が進み、もっと多くの人が「なりたい自分に」なれるように多くの人たちと笑顔で走ることが出来たら嬉しいです!

◎Wings for Life World Run(ウィングス・フォー・ライフ・ワールドラン)
日程:5月8日(日)
スタート: 20:00(UTC 協定世界時午前 11 時)
会場と定員: アプリラン ご自身のランニングコース 定員:なし
アプリラン・イベント
新宿区 神宮外苑(東京都) 500人
豊洲ぐるり公園(東京都) 100人
真駒内スタジアム(北海道) 300人
南魚沼市八色の森公園(新潟県) 500人
豊田スタジアム(愛知県) 500人
ヤンマーフィールド長居(大阪府) 300人
マリンメッセ福岡(福岡県) 300人

参加資格: 大会当日満 16 歳以上。ハンドバイク不可・生活用車いす可
参加費 : 2,700 円(税込み)
申込先: 公式サイト www.wingsforlifeworldrun.com

アンバサダー: レッドブル・アスリート全員 https://www.redbull.com/jp-ja/athletes
岡本圭司(プロ・スノーボーダー)http://keijiokamoto.com
渋谷真子(動画クリエイター) https://www.instagram.com/s.m1c/
服部勇馬(マラソンランナー)https://twitter.com/yuma_hattori
松嶺貴幸(現代アート作家) https://takayuki-m.com/
主催 : Wings for Life World Run 実行委員会
備考 : 参加費の全額と同額を Wings for Life 財団に寄付します。
天災、事件、事故等の理由で大会を中断・中止する場合があります。その場合参加費の返金等はありませんので予めご了承ください.

◎イベント参加に関するお問い合わせ
Wings For Life World Run 事務局[(株)スポーツビズ内]
E-mail:worldrun@sports-biz.co.jp

-RACE&EVENT

1 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


スパム対策のため、 日本語が含まれない欧文のみのコメントは投稿できません。


【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM