ひとりの参加でも不安無用の宮古島ストロングマン!

投稿日:2017年2月4日 更新日:


Sam 酒井

text by:

©Kenta Onoguchi

全日本トライアスロン宮古島大会(4月開催)に一人で参加する選手の皆様にグッドニュース!

「SAMEMI ENDURANCE」Sam・酒井が、ひとりで参加(または初めて出場)する選手の不安を解消します!

IRONMANを中心に世界の様々なロングディスタンスレースを経験してきたサム・酒井による選手サポートプログラムです。

大まかな内容は、レース会場に到着後からレース当日朝までの最終調整、バイクのメカニックサービス。

そして、フィニッシュ後にはみんなで一緒に喜びを分かち合います!

●シェアしたい体験

1.スタート時間に合わせてレース会場で一緒に泳ぎます。

★バイク、ランコースのペースづくりをアドバイスします。
★エネルギー補給についてアドバイスします。

2.バイクメカニックサービス

★専属メカニックがメカニックサービスを提供いたします。
★メカニックを待つ長い行列に並ぶ必要はありません。

3.チームTシャツ

★「SAMEMI ENDURANCE」オリジナルデザイン「TEAM・STRONGMAN」Tシャツをプレゼントします。

4.フィニッシュ後は、ほかの参加メンバーとともに乾杯!

★一人の参加でも、ほかの参加メンバーと一緒にアフターレースの余韻を満喫できます。

5.宮古島に精通するSam酒井がレストラン情報や、アフターレースの観光・お土産情報も教えます!

 

★シェアアイテム

チームテント(共有スペース)
クーラーボックス(レースドリンク作成用の氷・水あり)
フロアポンプ、工具類、ファーストエイドキット

★スポンサード・アイテム

「Challenge The 宮古島・オリジナルTシャツ」、ゴーグル曇り止め、ワセリンなどの擦れ防止アイテム

★イベント概要

■トライアスロン

申し込み/※本イベントは終了しました。開催ルポはTriathlon Lumina 7月号と本WEBマガジンに掲載予定

シェア定員/20人
シェアフィー(参加料)/10,000円(保険は各自でご加入ください)
タイムスケジュール/詳細は申込者に連絡

★主催者&コミュニティー・プロフィール

Sam酒井(さむ・さかい)

IRONMAN(トライアスロン)をキーワードにさまざまなエクスペリエンス=トレーニング、ツアー、アスリートファッション、フードなどを提供するブランド・サミーエンデュランスの創業者。アパレルや飲食事業の勤務経験を活かし、独自の視点でトライアスロシーンのトレンドをマーケティングする。妻はプロアスリートの酒井絵美。

©Akihiko Harimoto

宮古島大会、旅烏とチーム感覚で盛り上がりましょう!

-未分類

4 interest


コメントを投稿するにはログインをしてください。

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM
宮古島17位のTKが、翌日からトレーニングできた理由