GEAR NEWS

サーヴェロ《P3X》登場。P5Xの流れをくむ完全トライアスロン仕様

投稿日:2019年3月22日 更新日:


ルミナ編集部

text by:

Ultegra Di2仕様の完成車のみの展開となる「P3X」。写真はDT Swiss ARC 1450ホイール採用モデル。Ⅿサイズの完成車重量(実測値)でも9.5㎏ほど

軽量性・剛性でP5Xを上回る《PX》最新モデル

トライアスリートの間では圧倒的な人気を誇るサーヴェロは、3月13日に国内正式発表したニューモデル「P5 Disc」に続き、「P3X」の展開を発表した。

「P3X」は、その名が示すとおりサーヴェロの完全トライアスロン仕様モデルのフラッグシップ「P5X」がより買いやすい価格になった下位グレードモデルで、「P5X」がアメリカ生産だったのに対し、アジア生産となり、ハンドルまわりの調整も比較的シンプル(簡素)なものに。空力性能も「P5X」よりは若干低く(空気抵抗が大きく)なっている。

一方で、「P3X」をただのダウングレードモデルとは言えないメリットも多い。

たとえば重量。「P5X」よりも「P3X」のほうが軽く仕上がっており、フレームだけで16%軽量化、ハンドルまわりやシートポスト、ストレージBOXなどでもさらなる軽量化を図っている。

フレーム以外にもハンドルまわりや関連パーツでさらなる軽量化を図った(サーヴェロ社発表資料より)

また、フレームの剛性においても「P3X」のほうが高く、その割に乗り味は、よりマイルドな仕上がりになっているという。

P5XとP3Xのフレーム剛性比較

サーヴェロは今回の一連のリリースを、世界のトライアスロン(タイムトライアル)バイクカテゴリーのベンチマークと言える「Pシリーズ」の再定義と位置付けていたが、

「P5 Disc」「P3X」の詳細が公式発表されたことで、以下の2系統に分かれて進化していくことが明確になった。

★《PX》シリーズ:シートチューブのない「Ⅴ型」完全トライアスロン仕様(特にロングでの使用を想定)

★《P》シリーズ:剛性の高さや前傾の深いエアロポジションへの対応度など「速さ」を追究したトライアスロン&タイムトライアル(TT)兼用(UCIルール適合)

Lumina WEBマガジンでは、このニューモデル発表を踏まえた大塚修孝さん(トライアスロン・バイク&モノジャーナリスト)の解説記事を、近日掲載予定なので、乞うご期待。


P3X Ultegra Di2
ホイール:DT Swiss ARC 1450
価格:1,350,000円(税抜)


P3X Ultegra Di2 2.0
ホイール:DT Swiss P1800
価格:1,100,000円(税抜)

※サイズはいずれもS、M、L、XL

★P3Ⅹ&New P5国内ローンチ(3月22日)の模様

トライアスリートのために開発された《PX》の良さを、より多くのトライアスリートに

★仕様・機能面のトピックス

●エクステンションバーまわりの調整
*エクステンションバーの前上り角度を15・10・5・0度に調整できる

*取り付け位置を調整できるフロント・ボトル台座

●ベースバー
*エルゴノミック・デザインの新しいベースバー。調整幅20㎜

●ストレージBOX
*ダウンチューブ下のストレージボックス

*トップチューブのストレージ

◎東商会(サーヴェロ国内取扱元)公式サイト
http://www.eastwood.co.jp/lineup/cervelo/

-GEAR, NEWS

3 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


  1. P3Xはフレームセット販売はなく「完成車」のみの展開とのことです!


  1. ホイールは要らないので、フレームセットのみの販売価格を教えてください。

関連記事

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM