COLUMN HOW TO

チームVAAMが挑んだ70.3マイル。
《IM70.3セントレア・リポート》♯03

投稿日:2019年7月12日 更新日:


ルミナ編集部

text by:

03: チームVAAMのレースリポート

>>>《IM70.3セントレア・リポート》02「VAAMを活用したエネルギー戦略」を読む

新規加入の4期生、雨のミドルを戦う。

セントレア70.3大会当日。スイムスタート前からの強い雨が、選手たちのトライアスリートとしての対応力を試すレースとなった。事前に準備を積み重ねてきたチームVAAMのメンバーたちは、苦しみながらも、気温が上がらなかったことのメリットのほうを生かし、それぞれに何とかまとまったレースをすることができたようだ。

チームVAAM4期生メンバー
コメント&レースリザルト

遠藤 大介さん Total 04:53:52

バイクでは初めて雨の中でのレースで、落車してヒジを痛めてしまい、エアロポジションがとりづらく目標より大幅に遅れてしまいました。一番得意なランではキロ4分ペースを目安にラストまで走りきることができましたが、エイジ入賞を逃し悔しい結果となりました。今回の経験を次につなげていきたいと思います。

新美 太祐さん Total 05:24:32

初めての雨のレースで正直朝からテンション低めでしたが、普段から走っているバイクコースなので注意ポイントは把握できており、とにかく前方注意して落車しないことに集中しました。予定より周回コースでのタイムは遅くなってしまいましたが、その分、脚が残ってランにつなげられたと思います。

スイム〜T2(バイク→ラン・トランジション)までは予想より少しずつ遅かったですが、気温が低くランは気持ち良く走れて結果的に目標の5時間半を切れたので充実感の中、ゴールできました

吉野 広幸さん Total 05:40:20

トレーニング前に必ずVAAMを摂って、メリットを実感できていたのですが、(大会当日は)スイムスタート前に空腹感を感じてしまいました・・・。すぐにスーパーヴァームゼリーを投入しましたが、若干遅かったようです。それ以外の補給は計画どおりうまくいったものの、スタートから逆算したスケジュール管理の必要性を痛感しました。

山田 竜輔さん(写真右)Total 06:09:33

前回出場したときゼリー系の補給食のみで気持ち悪くなった反省を踏まえて、今回は固形の補給食も用意。結果、レースを通して気持ち悪くなることがなかったのは大成功でした。レース中も練習のときと同様VAAMを摂っていれば、エナジージェルなど(糖質系の補給食)を摂り忘れても、もちました。

南 章行さん Total 06:17:03

明らかに練習不足だったのですが、スイムでドラフティング(人の後ろについて泳ぐ)練習をちゃんとやっておいたのは良かった(レースでも1㎞くらい人の後ろについて泳げました)。また、坂道のランの練習をしておいたおかげで、速くはないけれど、気持ちが折れることなく走れたのも良かったです。

星川 浩さん Total 06:17:44

レース中は冷静に事前の組み立て通りレースできました。スイムもおおよそ予定通り、バイクも最初1周目は状態確認でゆっくり走り、2周目からは本格的なペダリングをしました。最初からバイクではとばさない・筋肉を使い過ぎないと決めていたのですが、雨天で(慎重になり)とばせなかったことは私には好都合でした。

バイクでペースを抑えた分、ランでは筋肉のダメージもなかったし、晴天でなかったおかげで脱水症状もなく、快調でした。トイレに途中3回行きましたが、それを入れても(ラン21.1㎞を)2時間1分だったので良かったと思います。

もし、晴れて暑ければ、もっと苦しいレースになっていたでしょう。練習では、事前に90㎞バイク、ラン21㎞を走る実戦対策練習を行っていました。勾配も想定しレースと同じ時間、晴天想定、補給も同様に行い、筋肉疲労の具合やエネルギーの補給配分、タイミングが把握できました。

一番良かったのは「同じ距離を練習したんだから・・・大丈夫!」という気持ちの余裕ができたことだと思います。

安田 宗義さん Total 06:24:18

3回目の出場なのでコースはおおよそ分かっており、ペース配分が上手くできました。例年より気温が低かったのでランは楽でしたね。ただ、やはり雨が冷たく辛かったです。路面が滑りやすくてバイク上での補給がしづらく、トランジションでバックのヒモを解くのに時間がかかるなどタイムロスもありました。

巻田 隆正さん Total 06:46:51

鈴木 一義さん Total 07:13:34

朝スイムに通い、とにかく泳力強化に最も時間とお金を使いました(笑)。地元の子ども相手のスイミングスクールと違い、やはりトライアスロン対策としてのレッスンは非常に効果的だったと思います。レースでは、雨のバイクパートで抑えすぎたかなぁ・・・。

大村 実巨さん Total 06:37:00

雨のレースはほとんど経験がなかったのでスタート前から寒くて震えてました・・・。一番怖かったのがやっぱりバイク。怖くて思いっきり踏めなかった。ただ、その分ランニングに脚が残り、涼しくて走りやすかった。自己ベスト更新できてうれしかったです。今後の課題もはっきり見えて良いレースになりました。

補給は思ったより摂らなくてすみ、成功だったと思います。スイム前にスーパーヴァームゼリー、スイム後にスーパーヴァーム顆粒、バイク中はヴァームウォーターを摂りました。味が好みで、すんなりノドを通っていきました。今回VAAMのオススメ・ラインアップを試すことができて本当に良かったです。

チームVAAMのメンバーになって、正直、初めはうまいこと脂肪を使えるカラダになるのかなぁ? と半信半疑でした(笑)。でも、日々のトレーニングを続けているうちに、脂肪を使えてきた感覚がありました。今までダイエットしてもあまり成果が上がらなかった自分が、引き締まってきて、これって脂肪をエネルギーとして使えているからだ!と実感しました。

戦えるカラダになるとモチベーションも上がります。モチベーションが高まりトレーニングに励むことができたのが、今回悪天候にも関わらず(セントレア70.3での)自己ベストを更新できた勝因だと思っています。今後もVAAMとともにトレーニングに励んで来年はロングに挑戦したいと思います!

>>>《IM70.3セントレア・リポート》04「レース中の補給、苦戦と克服」につづく(近日公開)

チームVAAMのIM70.3チャレンジを支えた
スーパーヴァームシリーズ

VAAMは、スズメバチから学んだ17種類のアミノ酸混合物「V.A.A.M.(Vespa Amino Acid Mixture)」を配合。スズメバチの驚異的な運動能力に着目したアミノ酸成分だ。「運動で、体脂肪を燃やす」チカラを味方にしよう!

-COLUMN, HOW TO

2 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。



関連記事

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM