NEWS RACE&EVENT

伏兵ミスローチャックがプレ五輪制す。《東京OQE男子》速報

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

プレ五輪ならではの思惑や緊張感が交錯した男子のレース。ランで迷いなく「勝ちにいく」姿勢を見せたテイラー・ミスローチャック(写真手前)、ヘイデン・ワイルド(同左)、カスペル・ストールネス(同右)の3選手が表彰台を分け合った ©Kenta Onoguchi

スタンダードディスタンス51.5㎞で開催された男子エリート

2020東京のためのテストイベント「オリンピック・クオリフィケーションイベント」(以下、東京OQE)は2日目の8月16日、男子エリートのレースが行われ、日本の5選手(古谷純平、北條巧、小田倉真、石塚祥吾、ニナー・ケンジ)を含む各国の代表65選手が参加した。

前日に比べ風が強く、曇天だったためか気温もさほど上がらず、通常のスタンダードディスタンスで開催された男子。東京2020OQE用に設えられたポンツーンから65選手がスタート ©Kenta Onoguchi

暑さのため距離短縮(ラン10㎞→5㎞)で開催された前日(エリート女子)に比べ、風こそやや強かったものの気温は高くならず(29.2℃)2020東京で予定されているスタンダードディスタンス(スイム1500m/バイク40㎞/ラン10㎞)で開催されたレースは序盤、ヘンリ・スクーマン(南アフリカ)やジョナサン・ブラウンリー(イギリス)ら、リオのメダリストらを含むトップグループがスイムから先行。

バイクで20人超の第1集団を形成し、ペースを上げていくが、ほどなく第2集団に追いつかれ、40人近い大集団に。

今回のテストイベントに参加した選手の多くが語ったように、「コースマップから想像していたよりはアップダウンもあり、テクニカルなバイクコース」で、ハイスピードな集団走行が展開される中、いくつかの落車の影響で優勝候補だったクリスティアン・ブルンメンフェルト(ノルウェー)を含む数名が脱落するも、30名超の大集団のまま、勝負は10㎞のランパートへと持ち込まれた。

参加した選手の多くが「思っていたよりアップダウンがあり、テクニカル」と評した東京OQEのバイクコース。中盤以降は30人超の大集団がレースをリード(写真手前は3位に入ったヘイデン・ワイルド) ©Kenta Onoguchi

ハイレベルな大集団からのラン。抜け出した伏兵たち

ランではスクーマンやジョナサン・ブラウンリーら日本でもおなじみの歴代メダリストや実力者たちの動向に注目が集まるが、彼らのペースは上がらず。この走り出しの勢いで各国の五輪代表選考事情も絡んで、この東京OQEで勝ちにきている選手と、2020東京の実戦テスト的な位置づけで出ている選手の温度差が浮き彫りになった。

そうした状況の中、抜け出したのは、テイラー・ミスローチャック(カナダ)、ヘイデン・ワイルド(ニュージーランド)、カスペル・ストールネス(ノルウェー)の3選手。

戦前の予想では無印だったカナダのミスローチャックが2020東京戦線の最先端といえるビッグレースで歓喜の優勝。一躍、各国代表からマークされる存在に ©Kenta Onoguchi

拳を突き上げフィニッシュし、雄たけびを上げ歓喜を露わにするなど、このレースに賭けた熱量の高さを印象づけたミスローチャックが優勝。エース、ブルンメンフェルトを落車で欠きつつも、客観的なデータを活用した緻密な強化で層の厚さを増しているノルウェー勢の一角、ストールネスが2位に入るなど、日本国内のレースではまだ名の知れていなかった気鋭の3選手が東京OQE男子エリートの表彰台を分け合う結果となった。

スイムを好位置で上がり、バイクで第1集団に入ることに成功した古谷。バイクでも中盤に位置取り、ラン勝負のスタートラインには立ったが、上位争いに加わることはできなかった ©Kenta Onoguchi

世界との差を再認識させられた日本勢。最先着は古谷の35位

当初の想定を上回る5選手が参戦し、開催国として世界に一矢報いたかった日本勢は、スイム1周目を5位と好位置で通過して存在感を示した北條巧がバイク終盤、落車に巻き込まれて遅れをとり42位。

北條と同じく、スイムを好位置で上がってバイク第1集団でも中盤の位置をキープした古谷純平が35位。

急きょ出場が決まった小田倉真、石塚祥吾、ニナー・ケンジはランでリタイア(DNF)。

ハイレベルなバイク集団走行で積極的なポジショニングができるスキルや、勝負のランでのさらなるレベルアップなど、それぞれが抱える課題をあらためて痛感させられるレースとなった。

男女ともに白熱を極めたハイレベルなレース展開となり、各国代表選考事情も絡んだ駆け引きも見え隠れする2020東京戦線の最先端「東京OQE」は、明日17日(土)にパラ部門、18日(日)にミックスリレーと続く。

★選手コメントやレースの詳報は、Triathlon Lumina11月号(10月2日発売)に掲載予定。

男女併せて開催されたレース後のメダルセレモニー。写真左から男子2位のストールネス、女子2位アリーチェ・ベット、女子優勝フローラ・ダフィ、男子優勝ミスローチャック、女子3位ビッキー・ホランド、男子3位ヘイデン・ワイルド ©Kenta Onoguchi

男子エリート上位
(順位/名前/国名又は所属/総合タイム)
1 テイラー・ミスローチャック(カナダ)01:49:51
2 カスペル・ストールネス(ノルウェー)01:49:55
3 ヘイデン・ワイルド(ニュージーランド)01:50:03
4 グスタブ・イデン(ノルウェー)01:50:25
5 ジョナサン・ブラウンリー(イギリス)01:50:28
***
35 古谷純平(三井住友海上) 01:54:20
42 北條 巧(博慈会 NTT東日本・NTT西日本)01:57:40
DNF 小田倉真、石塚祥吾、ニナー・ケンジ

-NEWS, RACE&EVENT

2 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。



関連記事

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM