NEWS RACE&EVENT

アジア選女子優勝は中国のソン。日本は東京3枠獲得に向け大きなポイントを落とす

投稿日:2021年4月24日 更新日:


ルミナ編集部

text by:

女子優勝のメンギン・ソン(中国)©Akihiko Harimoto

アジアトライアスロン選手権 2021 廿日市
女子エリートはメンギン・ソンが優勝

アジアトライアスロン選手権 2021 廿日市(4月24日)、女子エリートのレースを制したのは中国のメンギン・ソン。

東京2020オリンピックの国別出場枠3枠目の確保に向け、チームとしてオリンピッククオリフィケーションランキングの大きなポイントを獲りにいった日本は、鍵を握る佐藤優香がランで本来の力を発揮できず苦しい戦いに。

上田藍、岸本新菜らのサポートもあり佐藤は2位に踏みとどまったものの、チームとして掲げた最大の目標、優勝400ptを獲得することはできなかった。

東京2020の3枠目をかけた戦いは、5月のWTS横浜をはじめ次戦以降に続く。

スイムから積極的に攻めたソン ©Akihiko Harimoto

バイクは佐藤、岸本とソン、ウェン・ウェイの中国勢、ベイリー・ブラウン(香港)の5人がトップ集団を形成。序盤、同じ集団にいた井出樹里は中盤メカトラブルで離脱 ©Akihiko Harimoto

東京2020国別出場枠3枠目を獲得すべくチームとしてアジア選に挑んだ日本勢。最後は苦しい戦いとなった佐藤優香(手前)を上田藍、岸本新菜がサポートし佐藤が2位に踏みとどまった(公式Youtube配信より)

女子エリート上位
(順位/名前/国名又は所属/総合タイム)

1 メンギン・ソン(中国)2:08:10
2 佐藤 優香(トーシンパートナーズ、NTT東日本・NTT西日本、チームケンズ/山梨)2:10:32
3 上田 藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター/千葉)2:10:37
4 岸本 新菜(福井県スポーツ協会・稲毛インター/福井)2:10:41

>>エリート男女公式映像Youtube配信はコチラ

-NEWS, RACE&EVENT

2 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


スパム対策のため、 日本語が含まれない欧文のみのコメントは投稿できません。


関連記事

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM