BODY CONDITIONING

毎日多忙なエイジが学ぶ、アミノ酸補給@Lumina恵比寿 朝スイム

投稿日:2017年4月29日 更新日:


ルミナ編集部

text by:

©Kenichi Nakashima

BODY CONDITIONING  Weekly #002

毎日多忙なエイジが学ぶ、アミノ酸補給@Lumina恵比寿 朝スイム

仕事とトレーニングを両立させている人こそ、アミノ酸補給を。

リポート/孫崎虹奈(Lumina)

トライアスロンスクールやチームコミュニティの練習会で、アミノ酸補給の重要性や、正しいとり方のポイントを説明するアミノバイタル®サンプリング・キャラバンfor TRI。

4月は、ルミナがプロデュースするLUMINA CLUB ATHLETE SCHOOL(以下LCS)の恵比寿・朝スイムでサンプリングを展開した。

毎週木曜日に開催されているこの朝スイムには、お仕事に、家庭生活に忙しい毎日の中で、出勤前の朝などに時間をつくってスイム、バイク、ランのトレーニングをこなしているエイジグルーパーの皆さんが参加している。

今回は、仕事とトレーニングを両立させているLCS恵比寿メンバーの皆さんに、アスリートライフにアミノ酸補給が必要な理由をあらためて説明。「日々正しいタイミングでアミノ酸をとることで、短時間で効率の良いトレーニングを続けていきましょう」という基本のキをお話しした。

オフィスワーカーや飲食店経営など職種こそさまざまだが、LCS参加メンバーには、忙しい毎日の中で、いかに効率良くトレーニングを積み重ねていけるか、いつも思案を巡らせている大人のトライアスリートが多い

 

人間のカラダは6割が水分、残り4割のうち半分がタンパク質って、知ってましたか?

まず、人間のカラダは約60%が水分で、残り40%のうち半分がタンパク質という事実をお話ししたところ、早速「へぇー」と意外そうな反応があった。そこで、トレーニングやレースなどで運動すると、そのタンパク質がエネルギー源として使われるので、それを補うことの重要さを説明した。

タンパク質をカラダに取り入れるには、肉、魚、卵、乳製品、豆類などを含むバランスの良い食事から摂るのが基本だが、これらの食品が身体の中で分解されて最小単位のアミノ酸として吸収されるには数時間(3~4時間)が必要。

一方、アミノ酸そのものを摂取すれば、分解が不要なので30分ほどで吸収することができる。運動後などたんぱく質が枯渇したときのスピーディかつタイムリーな補給には、ちょうどいい――と、そうした基本もお伝えした。

このように、同じたんぱく質を補給するにしても、アミノ酸での摂取のほうが格段に吸収スピードが早いという点を再認識してもらったところで、「アミノバイタル®プロ」、「アミノバイタル®パーフェクト エネルギー」、「アミノバイタル®ゴールド」の3種類をお渡しした。

写真左から「アミノバイタル®プロ」「アミノバイタル®パーフェクトエネルギー」「アミノバイタル®ゴールド」

この3つのアミノバイタル®製品を、実際にトレーニングやレースの前・中・後に使っていただくだけでも、毎日忙しいLCSメンバー皆さんのトレーニング効率は、グッと上がるはずだ。

■スクール・プロフィール
LUMINACLUB ATHLETE SCHOOL 恵比寿 朝スイム

毎週木曜日、コナミスポーツクラブ恵比寿で7:15~8:15に開催されている朝スイム・セッション。毎回、トライアスロン初心者~中級者まで10~20人ほどが参加している。ショート(51.5km)だけでなくロングを目標レースとする人も多数。スイムセッション終了後は、近くのカフェで朝食をとりながら情報交換する、大人の朝活。

©Kenichi Nakashima

43歳、3つの世界選に向け10年ぶりのサプリ&筋トレを導入!

 

 

 

 

 

 

 

 

-BODY CONDITIONING
-,

3 interest


コメントを投稿するにはログインをしてください。

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM
体調管理が難しい秋冬に、安藤さんが実践する「飲むコンディショニング」
パフォーマンス向上に必要な酸素を取り込み、活性酸素の除去をサポート「ルカンゴールド」
宮古島17位のTKが、翌日からトレーニングできた理由