BODY CONDITIONING

43歳、3つの世界選に向け10年ぶりのサプリ&筋トレを導入!

投稿日:2017年4月25日 更新日:


ルミナ編集部

text by:

BODY CONDITIONING  Weekly #001

43歳、3つの世界選手権に向け10年ぶりのサプリ&筋トレを導入


コナ、70.3、51.5km、3つの世界選手権が今年の目標!

先日、中国で取得したIROMAN70.3世界選手権のエントリーが無事完了。
今年はアイアンマン世界選手権(10月14日 米・ハワイ島コナで開催=以下コナ) 、アイアンマン70.3世界選手権(9月9日 米・テネシー州で開催)、ITUスタンダードディスタンス・エイジ世界選手権(9月18日 オランダ・ロッテルダムで開催)3つがメイン。

いわゆるトライアスロンのロング・ミドル・ショート各距離種目の世界選手権に参加予定!

36歳から始めたトライアスロン、心も身体もアスリートにはほど遠い中年親父にとって、今年は運動的に最大の挑戦となる。

自身トレーナー資格ももつファンクショナルトレーニングを取り入れ、40代でアイアンマン世界選でのPB更新を目指す

 

必要なのは仕事に支障が出ないコンディショニング。
約10年ぶりのサプリは「アミノバイタル®」で

自分のような一般的な社会人に大切なのは仕事に支障が出ない「適度の運動×適切な栄養と休養×ケア」だ 。基本的に、これまで栄養は食事から摂取していて、ここ10年間はサプリをほとんど摂取しなかったのだが、さすがにリカバーする力が落ちてきたのを感じる。

そこでタンパク質量を上げるために、今月からコナまでの半年間、実験的にアミノバイタル®の各種の摂取を始めた。味も美味しい!

ここ10年間は筋トレ的なコトも、ほぼしていなかったのだが、今月から「筋トレらしきもの」も少しだけ取り入れていこうと思う。

コナまで、あと半年間。さまざまな面で、少しだけ変化をつけていきたい。

食事での適切な栄養摂取を心がけてきたが、40代に入りリカバーの遅れが気になってきた。そこでアミノバイタル®・シリーズのサプリを取り入れることに

 

■著者プロフィール
溝端祐一(みぞばた・ゆういち)
Team UNITY 監督、Personal Coaching & Bike Fit Studio “UNITY” 代表、大阪トライアスロン倶楽部・統括ディレクター。実業団登録選手として自転車ロードレースで活躍した後、約7年前にトライアスロンデビュー。以来、アイアンマン世界選手権出場など強豪エイジグルーパーとして内外のレースで活躍している。43歳。1週間の平均的なトレーニング時間は約10時間

写真は2016年のアイアンマン世界選手権(コナ)に出場した溝端さん(撮影/小野口健太)

-BODY CONDITIONING
-

4 interest


コメントを投稿するにはログインをしてください。

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM
体調管理が難しい秋冬に、安藤さんが実践する「飲むコンディショニング」
宮古島17位のTKが、翌日からトレーニングできた理由