COLUMN

研究データに裏打ちされた話題の決戦サプリメント<イミダの力>

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

研究データに裏打ちされた決戦サプリメント

研究者と一部のトップアスリートの間で話題になっている「イミダゾールジペプチド」を配合した「イミダの力®」。 その開発に携わり、自身もトライアスリートでもある研究者に、アスリート目線のオススメ活用法などを訊いた。

▶購入はこちら>>>http://www.e7kenko.net/shop/contents?contents_id=365390

トップアスリートの間でも話題に

日本ハム(株)中央研究所が15年以上の歳月をかけて研究した「イミダゾー ルジペプチド(以下、イミダ)」。鶏の胸肉に多く含まれる成分だが、実は、人の身体にも存在している。イミダは、運動生理学の世界ではかねてより注目されており、国際的な論文誌にも多くのデータが投稿されている。

同社では、いち早くその作用に着目。鶏肉から高濃度のイミダを抽出することに成功、大学との共同研究により、多くの実証データを取得してきた。作用を熟知する研究者に勧められて、リオ五輪に持ち込んだ選手も少なくなかったという。

このように、研究者と一部のトップアスリートの間では「話題の」イミダである一方、スポーツ用サプリとして 市場に出回ってはおらず、その存在は知られてはいなかった。

しかし、近年、ニッポンハムが満を持して「イミダの力 ® 」シリーズを開発。研究データを基に設計した商品をリリースした。ラインアップは、500㎎のイミダを配合したドリンク と、250㎎を配合したパウダータイプの2種類。アスリートをサポートするこの製品を自ら開発し、自らテストを行っている研究者に、オススメ活用 法をアスリート目線で語ってもらった。

市川 淳さん 日本ハム(株) 中央研究所ヘルスサポート課

計画通りに トレーニングが進む

市川淳さんは先日ミドルディスタンスを見事に完走したトライアスリート。「5年ほどのトライアスロン歴はあるのですが、ずっとショートに出場していて。『いよいよ次のステップへ』と思ってミドルにエントリーしましたが、 正直不安はありました」気がかりだったのがミドルの「距離と時間」。レースだけではなく、練習量など考えることは多かったという。「計画したトレーニングがこなせるか、仕事とのバランスは大丈夫か、など色々と考えました。

トレーニング中は、ドリンクタイプを毎日1本摂取していました。仕事を終えて夜の11 時からランニングを始めるなど、練習量がグッ と増えたのですが、計画どおりのトレ ーニングができたと思います」

「昔から、『アスリートには鶏胸肉がおすすめ』と言いますが、これは実に理にかなったことなんです。鶏胸肉に多く含まれている生理物質こそ、イミダなんですよ。と言っても、胸肉を毎日食べるのはきつい。イミダのサプリを活用すれば、高濃度のイミダを一気に摂ることが可能です」

イミダの正体は、アミノ酸がふたつつながったペプチドという物質。とても小さい分子であるため、摂取後30分で速やかに体内に吸収される。すなわち、練習前や練習中に摂取することで即効性が期待できるのだ。「基本は、動き出しの前にドリンクタイプを、練習中はバックポケットに入れたパウダータイプを摂っています」

勝負レースに向けた自己投資 練習の成果を結果につなげる

いよいよレース当日。しっかりと練習が積めた、という感覚があるものの、やはり不安はまだある。

「不安を打ち消すわけじゃないですが、当日は少し多めに摂りました(笑)。 ただ、イミダは多く摂っても全く問 題がありません。トップ選手になると、1日に平均3本のイミダを摂取しています(計1500㎎)。私は、レース前にはドリンクタイプを、レース中はボトルにパウダータイプを溶かして使用しました」結果は想定よりも速いタイムで完走。

「苦手なバイクが想定よりも速かったところがポイント。イミダは、バイクを用いた実証データを相当数取っていますから、結果には納得しています」 鶏肉を原料としているため、決して安価なサプリではない。一方で市川さんは、「イミダが示す研究データは、ぜひトライアスリートにおすすめしたいもの」と語る。 勝負レースに合わせた、自分への投資。トレーニングの成果を形にするた めに、試してみる価値はありそうだ。

Top Athlete Impression
《負荷の高いトレーニング前に欠かさない》

ロングを主戦場に活躍する一本松選手が『イミダの力®』に出会ったのは、2017年の木更津 トライアスロン。それ以降、彼女のトレーニン グには欠かせないものとなっているという。

「負荷の高いトレーニングでも、最後まで粘り 強く追い込みたい」という彼女は、ハードな練 習の前に、また、ここぞというレース本番に合 わせて『イミダの力®』を摂取。「イミダの良さ を実感している」とのことで、先日出場した佐 渡の前にも、ドリンクタイプを2週間継続して 摂取し、イミダのローディングを行ったという。「レースや負荷の高いトレーニング前には欠か さず飲んでいます!」

一本松 静香
プロトライアスリート。幼少期から高校生まで水泳競技に取り組む。大学生でロード バイクに興味をもち、自転車部へ入部。これがきっかけとなりトライアスロンの世界へ。 現在は、IRONMANで世界を目指して東京都を拠点に活動中。https://ippom.com/

【イミダの力(ドリンク)、イミダの力パウダー 共に国際的なアンチドーピング認証『インフォームドチョイス』を取得!】

インフォームドチョイスとは、LGC社の運営する世界基準のアンチドーピング認証プログラム。50年以上、スポーツサプリメントのドーピング分析に関する実績をもち、国際的に評価されており、世界各国のサプリメントブランドが取得している。

イミダの力(ドリンク)、イミダの力パウダー共に、WADA(世界アンチドーピング機関)の禁止物質リストについて検査済みであることが保証され、トップアスリートの方々も安心して活用できるサプリメントであることが認められた。

イミダの力®500
主要成分:イミダゾールジペプチド(アンセリン+カルノシン)500mg ※鶏肉を含む
内容量:50ml×5本/約5日分
フレーバー:マスカット風味(無果汁)
ドリンクタイプ

イミダの力®パウダー
主要成分:イミダゾールジペプチド(アンセリン+カルノシン)250mg ※乳成分・鶏肉を含む
内容量:3.2g×10包/約5~10日分
フレーバー:ヨーグルト風味
パウダータイプ

◎購入はこちら>>>http://www.e7kenko.net/shop/contents?contents_id=365390

-COLUMN

2 interest


コメントを投稿するにはログインをしてください。

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM