《Users Review》トライアスロン珠洲 ジュニアトライアスロン珠洲についてのコメント募集中!

投稿日:2018年4月18日 更新日:


ルミナ編集部

text by:

大会についての感想や情報をみんなで共有しよう。コメント投稿・閲覧はページ最下段から。
 
リザルト/大会結果はこちら

大会名
トライアスロン珠洲 ジュニアトライアスロン珠洲

開催日
2018年08月26日

開催地
石川県(珠洲市)

レース情報
トライアスロン
ミドルディスタンス
定員 1,000人|参加費 23,500円
スイム:2.5km
スタート方法:ウェーブスタート
制限時間 1:40
コース紹介県内屈指の透明度を誇る鉢ヶ崎海岸で実施。
バイク:102.2km
制限時間 4:40
コース紹介海岸線を通り、山伏山・木の浦・大谷峠の厳しい峠を越える。急カーブが多くテクニカルなコースで、雨天時はスリップに注意。
ラン:23.3km
制限時間 3:00
コース紹介市街地を通るフラットなコース。Aタイプは見附海岸を折り返す。
トライアスロン
その他
定員 500人|参加費 20,500円
スイム:1.5km
制限時間 1:10
コース紹介県内屈指の透明度を誇る鉢ヶ崎海岸で実施。
バイク:51.1km
制限時間 3:00
コース紹介海岸線を通り、山伏山・木の浦・大谷峠の厳しい峠を越える。急カーブが多くテクニカルなコースで、雨天時はスリップに注意。
ラン:10.2km
制限時間 1:20
コース紹介市街地を通るフラットなコース。
トライアスロン
その他
小学校の部(4年生~6年生)
定員 100人|参加費 3,500円
スイム:0.1km
スタート方法:ウェーブスタート
制限時間 12:40
コース紹介中学校の25mプールを使用。
バイク:9km
制限時間 12:40
コース紹介ほぼ、フラットなコースで、2カ所の上り、下りがある。
ラン:1.4km
制限時間 12:40
コース紹介市営グラウンドを3周半する。
トライアスロン
リレー
定員 30人|参加費 30,500円
スイム:1.5km
スタート方法:ウェーブスタート
制限時間 1:10
コース紹介県内屈指の透明度を誇る鉢ヶ崎海岸で実施。
バイク:51.1km
制限時間 3:00
コース紹介海岸線を通り、山伏山・木の浦・大谷峠の厳しい峠を越える。急カーブが多くテクニカルなコースで、雨天時はスリップに注意。
ラン:10.2km
制限時間 1:20
コース紹介市街地を通るフラットなコース。

参加資格
18歳以上の健康な男女(高校生不可)、大会日程の前日受付・バイク車検・競技説明会に必ず出席できる者  ジュニアは小学校4年~6年生の男女

申込期間
2018/04/01~2018/05/02

当日受付
可能

選考方法
抽選
書類選考

スタート時刻
7時台

表彰対象
A・Bタイプ:総合男女別1~6位、 年齢別1位(総合入賞者を除く)、 10回・20回連続完走賞、所の他特別賞  Rタイプ:チーム総合1~3位  ジュニア:各学年男女1~3位

ローカル・ルール
その他

交通機関
車:のと里山海道能登空港ICより約50分、能登空港より約50分

大会セールスポイント
能登半島最突端、珠洲市のきれいな海、風光明媚な海岸線、熱い沿道の声援を受けて走るコース。

開催地周辺
セールスポイント
「世界農業遺産」に認定された、珠洲の美しい「里山里海」や豊かな「食」を楽しんでいただければと思います。

前年レースデータ
 トライアスロン - ミドルディスタンス:936人
 トライアスロン - その他:460人
 トライアスロン - その他(小学校の部(4年生~6年生)):91人
 トライアスロン - リレー:23人
気温:27.8℃ / 水温:25℃

主催
トライアスロン珠洲大会実行委員会

申込・問い合わせ先
〒927-1213
珠洲市野々江町セー17-1
トライアスロン珠洲大会実行委員会事務局
TEL: 0768-82-5100
FAX: 0768-82-7100
E-mail: sports@triathlon-suzu.com

ホームページ:

備考
★下にコメント欄が表示されない場合、コメント投稿・閲覧はこちらから
 https://lumina-magazine.com/archives/raceguide/7150

-未分類

0 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


  1. 今年は逆流・離岸流と私のここ数年の腕のコンディションがよくなくガンガン腕振り回して泳げず、スイムゴールでタイムオーバーしてしまったが、その前の年までは完走(2周目バイクは縁石に乗り上げて転び顔面血だらけ、バイクの切替悪く低速走行。大会参加されて記憶ある方はおわかりかと。そうそれ私です。血だらけのアスリート。ランも練習不足でゆっくり走り、各エイドステーションでは楽しいボランティアスタッフの方々とドコミュニケーションしまくり。)。泳ぐ水質、バイクで走る風景、ランで通過する楽しくやさしいエイド及びあれだけ遠くまで遠征(大会参加)しにいくだけの遊びはできる所。故郷のひとつのようなもの。しかし、遠いといっても九州や離島と違い、大会当日帰り翌日仕事も可能。もちろん、大会あと運転して帰るのは大変。海沿いというのはわたしの幸せのキーワードでもあります。それと年最後の河津大会もトータル的に楽しめた。まあ、最近ロングは抽選・審査で外れる様になったが、ミドルもショートも各種別の大会も十分楽しめる。我々、中年ジジイはいかにその場を楽しめるかが大事だね。人生楽しく。(JUN/トライアスロン歴8年)

  2. 海の抜群のキレイさ、バイクの景色、地元の人の雰囲気の良さ、全てが最高!(かしー/トライアスロン歴4年)

もっと見る

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM