NEWS RACE&EVENT

12/13正午から一般エントリー開始【5/17開催】横浜トライアスロン

投稿日:2019年11月11日 更新日:


ルミナ編集部

text by:

©Kenta Onoguchi

▶Lumina WEBレースガイド<ITU世界トライアスロン・パラトライアスロンシリーズ横浜>
https://lumina-magazine.com/archives/raceguide/16124

▶詳細・エントリー
https://yokohamatriathlon.jp/wts/entry.html

12月13日から一般エントリー開始(抽選)

年々人気を増している、ITU横浜トライアスロンシリーズ・パラトライアスロンシリーズのエイジ(一般)グループの一般エントリーが12月13日正午からスタートする。締め切りは2020年1月6日を予定している。年末年始にかかるので、忘れそうな人は早めにエントリーしておこう。

エントリーには、2020年のJTU登録が必須となるので、参加を予定している人は、そちらの登録を済ませておいたほうがスムーズ。

全体の募集人数は、スタンダードディスタンス(51.5km)1250 人、スプリントディスタンス(25.75km)300人、リレー(51.5km)50組(150人)、パラトライアスロン(25.75km)40人の計1740人。

先行エントリーの、セレクトサービス、ツアーパックエントリー、チャリティーエントリー、海外エントリーの4つのカテゴリーは11月15日からエントリーを開始し、現在も受付中。

<一般エントリー>※12月13日正午から受付開始、抽選。
スタンダードディスタンス:935人、29,200円
スプリントディスタンス:230人、20,200円
リレー:50組(150人)、40,600円
エイジパラトライアスロン:30人、20,200円
※すべて環境協力金200円含む
▶詳細・エントリー
https://yokohamatriathlon.jp/wts/entry.html

【募集スケジュール(予定)】
11月15日 先行エントリー開始
12月13日~1月6日 一般エントリー受付期間
1月24日 一般エントリー抽選 一時発表
1月24日~30日 当選者入金期間
4月上旬 スタートリスト発表

<先行エントリー>
▼セレクトサービス(15人)先着 参加料:100,000円
参加費:100,000円(環境協力金含む)
特徴:エリート選手と同様のバイクラックを使用できる、専用テントの使用(更衣室、荷物預かり、軽食・飲料などの用意他)、オリジナル記念品、大会当日のVIPラウンジ利用、バイクメンテナンス、スポーツマッサージなど。
▶ツアーエントリー(100人)先着 参加料:29,200円+α
▶チャリティーエントリー(160人)先着 参加料:30,200円~39,200円
▶海外エントリー(120人)先着 参加料:21,200~30,200円

◎2020ITU世界トライアスロンシリーズ横浜
https://yokohamatriathlon.jp/wts/entry.html

-NEWS, RACE&EVENT

2 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。



関連記事

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM