GEAR

コナを制したOn最新技術を搭載「Cloudboom Echo 3」発売

投稿日:2023年6月29日 更新日:


ルミナ編集部

text by:

On Cloudboom Echo 3

7/6発売。On史上最速の厚底&カーボンプレートモデル

グスタフ・イデンのコナ(アイアンマン世界選手権)制覇を支えたOn最新技術が落とし込まれた「厚底・カーボンプレート搭載モデル」が、ついに市販化された。

トライアスリートの間でも分厚いファン層をもつスイスのスポーツブランド「On(オン)」は、イデンやクリスティアン・ブルンメンフェルトら契約アスリートと開発したブランド史上最速シューズ「Cloudboom Echo 3(クラウドブーム エコー 3)」をリリース、7月6日(木)からOn オフィシャルオンラインショップ、On Tokyoおよび全国の一部取扱店で販売を開始する。

Cloudboom Echo 3

Cloudboom Echo 3
(クラウドブーム エコー 3)
■価格:32,780 円 (税込)
■カラー展開:Undyed-white | Mint
■サイズ展開:メンズ / 25.0cm~32.0cm、ウィメンズ / 22.0cm~28.0cm

イデンの活躍で期待が高まった待望のレーシングモデル

Cloudboom Echo 3は、Onの特許技術であるCloudTec®、カーボン素材のSpeedboard®に加えて、最新素材Helion™ HFハイパーフォームを搭載し、最高レベルの衝撃吸収とエネルギーリターンを両立させた、On史上最速のレーシングシューズ。

イデンや、その後、OnアスリートになったTokyo2020金メダリストでもうひとりのIM&70.3世界王者でもあるブルンメンフェルトら、グローバルで活躍するOnアスリートのフィードバックと最先端のイノベーションを融合させた話題作だが、

トライアスロン界では、先述のとおりイデンが、このCloudboom Echo 3をベースとしたプロトタイプをはいてコナのランコース記録と3種目トータルでのコースレコードを更新しての初出場・初優勝という快挙を成し遂げたことで、

その厚底・カーボンプレートの最新技術が落とし込まれた、このモデルの発売が待ち望まれていた。


Onアスリートとしてのデビュー戦だったコナで、いきなりランコースレコード更新&初優勝という結果を出したイデン。その勝利をサポートしたOnの厚底・カーボンプレート搭載モデルが注目を集めた ©Kenta Onoguchi

Cloudboom Echo 3で採用されたHelion™ HFハイパーフォームは、トウゴマから抽出されるヒマシ油から生まれた46%がバイオベースの最新素材で、その技術はOn独自のサブスクリプションサービス「Cyclon (サイクロン)」で展開されている100%リサイクル素材シューズ「Cloudneo (クラウドネオ)」でも採用されているもの。

100%リサイクルが可能なだけでなく、高いパフォーマンスを発揮することができるこのフォームを採用することで、最高レベルのパフォーマンスとサスティナビリティの両立を実現している。

On Cloudboom Echo 3

最高レベルの推進力を生み出してくれるのは、ミッドソールの間に挟まれたスプーン形状のカーボン製Speedboard®。

On Cloudboom Echo 3

また、アッパーに採用されている薄く軽量なハイテク素材はウーブン(織物) 生地で、通気性が非常に高いので、トライアスロンのランパートも快適に走れそうだ。

On Cloudboom Echo 3

最速のレーシングモデルを究めるOn開発陣の技術力の高さとスピード感に惚れ込んでOnアスリートになることを決めたイデン(右)とブルンメンフェルト(左)。ともにアイアンマンで世界を制したあと、再びパリでメダルを狙う前代未聞のプロジェクトに挑戦中 ©Kenta Onoguchi

上級者向けではなく、「自然な走り」ではきこなせる

このモデルのローンチイベントに登場したオン・ジャパン アスリートストラテジー アドバイザーの横田真人さん(800m元日本記録保持者)は、Cloudboom Echo3が厚底・カーボンプレート搭載のレーシングシューズにありがちな、「はきこなせる筋力や技術をもった『上級者向け』の『はく人を選ぶ』シューズではない」と、その使用感を語る。

Cloudboom Echo3日本国内でのローンチイベントに登場したロンドン五輪日本代表の横田真人さん

「このCloudboom Echo3は、分厚くて柔らかいフォームの弾力性とカーボンプレートのバネのような反発力が強調されたシューズではなく、適度な硬さもあるので、一般的なレーシングモデル(非カーボンプレート)をはいていた人でも、それまでの延長線上の自然な走りで、メリットを体感できると思います」(横田さん)

Onは、Cloudboom Echo 3と同時に、ブランド初のスパイクシューズ「Cloudspike 1500m」「Cloudspike 10000m」も発売。開発にも関わっているOAC (On Athletics Club) のアスリートたちが、早速トラックレースで結果を残しており、その開発力の高さと、それを製品化・市販化する圧倒的なスピード感を、ここでも発揮している。

Cloudspike 1500m / 10000m
(クラウドスパイク 1500m=写真上 / 10000m=同下)
■価格:17,380 円 (税込) (両シューズとも)
■カラー展開:Undyed-white | Mint(両シューズとも)
■サイズ展開:メンズ / 25.0cm~32.0cm、ウィメンズ / 22.0cm~28.0cm

-GEAR

3 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


スパム対策のため、 日本語が含まれない欧文のみのコメントは投稿できません。


  1. 今の時代に合った、sustainableのonのシューズだと思います。実は私自身も、このシューズの愛用者であります。可能性を秘めたメーカーですね⁉︎

関連記事