COLUMN RACE&EVENT

【8/25開催・エントリー受付中】ず~っとDHポジション可能な高速コース「きさトラ」

投稿日:2018年5月15日 更新日:


ルミナ編集部

text by:

©Kenta Onoguchi

真夏のレースとして定番化しつつある、木更津トライアスロン(通称きさトラ)。5回目の開催となる今年も、もれなく真夏の8月25日(日)に開催する。あらためてきさトラの人気の秘密や、コースの特徴、初心者にも参加しやすい理由などをおさらいしてみよう。Lumina本誌でもお馴染みの皆さんに自分の「きさトラ体験」を語ってもらった。

現在エントリー受付中!>>>

#002 51.5㎞のパーソナルベストを狙え

何といっても、きさトラの最大の魅力のひとつは、滑走路を走る高速バイクコース。今年も、51.5㎞パーソナルベストや、最速バイクラップ(自分比)へのチャレンジと、スピード感を楽しむアスリートも多数。
全国各地のローカルレースの魅力を伝える語り部として活躍する「旅烏」謝 孝浩さんも、きさトラは1年に1度の「記録を狙うレース」として位置付けてくれているようです。

思い切りDHポジション 過去の自分を追い越せ

きさトラの魅力は、なんといっても雄大な滑走路を爆走できること。バイクが苦手な旅烏でも、1車線の幅が広いので、周囲の選手をあまり気にすることなく思い切ってDHポジションで最大限にスピードを出すことができた。まるで空を飛んでいるかのような感覚になりました。ただし追い風のときのみ……(笑)。タイムや順位にあまりこだわらない旅烏ですが、きさトラは、毎年1回、自己ベスト更新を目指す大会として位置づけています。過去の自分と闘うには、フラットなバイクとランのコースはベストな条件。

©Kenta Onoguchi 当日入りも可能なので、応援する家族にも負担が少ない。もちろん同伴ゴールOK

スイムからバイクへのトランジションの長さがネックですが、首都圏から集まりやすいという利点もある。アクアラインを使えば、都心からでも1時間。今回も首都圏を中心としたチーム員が数多く集まることができ、レース中、仲間同士で励まし合ってフィニッシュを目指すことができました。おまけに当日、受付も可能。まさに『安・近・短』ながら、充実度満点の大会でした。

『Lumina』2016年11月号よりWEB用に編集して転載。

◎木更津トライアスロン
開催日:8月25日(日)
開催地:千葉県木更津市
種目:オリンピックディスタンス、スプリントディスタンス、リレー

◎エントリー受付中!
https://kisarazu-tri.com/index.html#entry

◎木更津トライアスロンの詳細は公式HPへ
https://kisarazu-tri.com/index.html

◎スペシャリストの指導&特典付きの「きさトラチャレンジ」への申し込みはこちらから
https://triathlon-lumina.com/triathlon/entryform/entry_top.html?id=2019060101

-COLUMN, RACE&EVENT
-,

2 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


スパム対策のため、 日本語が含まれない欧文のみのコメントは投稿できません。


【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM