BODY CONDITIONING

トライアスリートのためのアミノ酸補給FAQ

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

BODY CONDITIONING  Weekly #014

トライアスリートにオススメのアミノバイタル®3商品
3つの「よくある質問」

リポート/孫崎虹奈

トライアスロンスクールや各種練習会で、アミノ酸補給の重要性や、オススメの摂り方などを説明しているアミノバイタル®サンプリング・キャラバンfor TRI。
今回は、この約3カ月の間に各所で展開させていただいたキャラバンの中で出た3つの質問について、あらためてまとめてみた。

Q1 そもそも、なんで「アミノ酸」を補給しなければいけない?

人の身体は、水分、たんぱく質、脂質、糖類などの成分で構成されている。その約6割を占めるのが水分で、残りの4割のうちの半分がたんぱく質だと言われている。

普段、生きていく上でエネルギー源として利用しているのは、主に糖質と脂質だが、より多くのエネルギーが必要な運動中は、体内に貯蔵されている糖質と脂質だけでは足りず、筋肉などに含まれるたんぱく質から分解されたアミノ酸が、エネルギー源として使われるようになる。

そのため運動中の身体には、そのアミノ酸を適切に補給してあげることが必要なのだ。

サンプリングキャラバンで説明した中では、意外とこの基本的なポイントについて、「知っていたようで、よく分かっていなかった」という反応も多かった。

Q2 アミノバイタル®プロ→パーフェクトエネルギー→ゴールド
必ずその順番で飲む必要がある?

一連のサンプリングキャラバンでは、トライアスリートにオススメのアミノ酸補給法として、成分が違うアミノバイタル®の3つの商品を、トレーニングやレースなどの運動前から以下のような順番で摂るといい、と説明してきた。

①運動中のパフォーマンスのための「アミノバイタル®プロ」

②後半までパフォーマンスを持続するための「アミノバイタル®パーフェクトエネルギー」

③運動後のリカバーのための「アミノバイタル®ゴールド」

ただこの摂り方は、アミノ酸補給の効率をより高めるための「オススメ」であって、「必ずそうしなければいけない」というものではない。

私自身、このオススメの摂り方をもとに、アミノバイタル®を摂ったことで「バテがこなかった」という体験談をお話しすることがある。

例えばレースでは、まず30分前にアミノバイタル®プロを摂る。私は主にショートのレースに出ているので、アミノバイタル®パーフェクトエネルギーは、スタート直前に飲み、ゴールドはレースの直後に摂っている。

また練習では、バイクに乗った後、スイムをすることがあるのだが、そのときは、間にアミノバイタル®パーフェクトエネルギーを摂るようにしている。

トライアスリート向けに特にお勧めしているアミノバイタル®プロ(写真右)、アミノバイタル®パーフェクトエネルギー(同奥)、アミノバイタル®ゴールド(同左)

Q3 寝る前に飲むのはアミノバイタル®ゴールドでもアミノバイタル®プロでもいいの?

翌日に向けてしっかりリカバーするために、寝る前にアミノバイタル®を摂る、というトライアスリートも意外と多く、そうした方からは、この質問を受けることがあった。

Q2でも少し触れたとおり、それぞれの商品で入っているアミノ酸や成分の構成が違うので、筋肉のリカバーを意識する場合はゴールドを、内臓も含めたトータルリカバーの場合はプロをお勧めしている。

この「BODY CONDITIONING」カテゴリーでは、ほかにもアミノ酸補給に関する疑問にお答えしているコラムもあるので、ぜひ、あらためて過去の記事をチェックしてみてもらいたい。

■プロフィール
まごさき・にじな

スクール&イベントの運営・指導を担当するLuminaスタッフ。小5でトライアスロンを始め、高校時代は名伯楽・八尾彰一監督が率いるチームブレイブに所属。日本体育大学在学時はトライアスロン部の副主将も務め、日本選手権をはじめとするエリートレースに出場した経験をもつ。

-BODY CONDITIONING
-

2 interest


コメントを投稿するにはログインをしてください。

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM
パフォーマンス向上に必要な酸素を取り込み、活性酸素の除去をサポート「ルカンゴールド」
宮古島17位のTKが、翌日からトレーニングできた理由