COLUMN NEWS

3連覇に向け虎視眈々のフロデノ&リフ。IRONMAN世界一決定戦KONAレース前記者会見

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

レース前記者会見に出席したトッププロたち。女子では昨秋、出産して以来のコナ復帰戦となるレイチェル・ジョイス(写真右端)の姿も

リポート/山村勇騎 撮影/小野口健太

アイアンマン世界選手権(米・ハワイ島コナ)、現地時間の14日(土曜日)のレース当日を前にトッププロの記者会見が行われ、ヤン・フロデノ(ドイツ)、ダニエラ・リフ(スイス)の男女両ディフェンディングチャンピオンと、その3連覇を阻むべく王座を狙う有力選手たちが、決戦を翌々日に控えた今の心境を語った。

昨年のコナでは、同国のライバル、キーンルとのラン勝負を制して連覇を達成したフロデノ

ヤン・フロデノ(2015、2016年優勝/ドイツ)
「(昨年3位に入った同国の新鋭)パトリック(・ランゲ)だけではなく、他のアスリートたちも、スイムやバイクパートで全体のレベルを上げてきてます。一つひとつ探りながらレースを展開していきたいですね」

 

王座奪還に向け仕上がりは順調そうなキーンル。今年はバイクでフロデノに先行することができるか

セバスチャン・キーンル(2014年優勝、2016年2位/ドイツ)
「勝つためには、去年のヤンのように完璧なレースプランが必要だと思います。でも、2014年に優勝した時のように、完璧なコンディションでなくても、レース中の流れに任せていく。結果がどうなるかはわからないですが、レース自体を楽しみたい」

 

前回、長年にわたり破られなかったマーク・アレンのランコース記録を破り、一躍、コナ王者候補となった新鋭ランゲ

パトリック・ランゲ(2016年、プロとして初出場ながらマーク・アレンのもつランコースレコードを破り3位/ドイツ)
「確実に、ランレコードで、全体のレベルを上げたいと思います。ただ去年よりランでもっと速く走ることよりも、先頭でしっかりとレースがしたいです」

 

ドイツ勢がトップ5を独占を阻み4位に入ったホフマン。ランの切れに自信を見せる

ベン・ホフマン(2016年4位/アメリカ)
「今年は、ランが最高に調子が良いので、ここでそれを証明したいですね」

 

今年も前哨戦となるIM70.3世界選で強さを見せつけたリフ。圧勝してリフ時代の到来を決定的なものにするか

ダニエラ・リフ(2015、2016年女子優勝/スイス)
「レース中に、どのポジションにいようと、自身のベストを尽くして、いつも通りに、やれることをやるだけですね」

前回、21世紀のアイアンマンでは難しいとされてきたコナ連覇を成し遂げた男女両チャンプ。静かに、虎視眈々と3連覇を狙うふたりが、今年もコナならではのプレッシャーをものともせず勝利を飾るのか? それを阻止する新たな王者が降臨するのか?

アイアンマン・ワールドツアーは、この土曜日、世界中のトライアスリートが見守る中、いよいよシーズンのクライマックスを迎える。

-COLUMN, NEWS

2 interest


コメントを投稿するにはログインをしてください。

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM
体調管理が難しい秋冬に、安藤さんが実践する「飲むコンディショニング」
宮古島17位のTKが、翌日からトレーニングできた理由