NEWS

【まとめ】一流アスリートたちのレース当日の補給を大公開!アミノバイタル® for Triathlete

投稿日:2017年10月6日 更新日:


ルミナ編集部

text by:

アミノバイタルのあるトライアスロンライフ(実践例)を紹介している連載「アミノバイタル® for Triathlete」。PR記事だから~と読まないとソンする位、ためになる情報が満載ですのでまとめました。
中でも一流アスリートたちがレース当日に補給したもの一覧は、参考になります。

トライアスロン競技中、身体の中で起こっていること

運動中には、こまめな水分とたんぱく質の補給がマスト。特に激しい運動時は枯渇しないよう注意が必要です。
(出典:アミノバイタル® for Triathlete #01 なぜ、トライアスリートに「アミノ酸」が必要なのか?)

トランジションで、筋肉に余計なダメージを与えない

運動時に糖質、脂質が利用された後では、筋肉などのたんぱく質から分解されたアミノ酸が利用されるようになっています。
(出典:アミノバイタル® for Triathlete #02 レースを左右する「トランジション」の活用法とは?)

レースが重なったときはサプリでリカバーを促す

大事なレースが1週間後に重なった!なんてこともありがち。山本昌孝さんのロングレース補給リスト実践例は必読です。
(出典:大事なレースが重なっても、最高のパフォーマンスを発揮するコツ。)

トレーニングだけでなく、補給も日常に組み込む

丸山幸太郎さんのように日課のトレーニングに補給も加えると、日々の疲れを翌日に持ち越すことなくコンディションを整えられます。
(出典:トレーニングライフの中のアミノ酸補給。丸山さんの場合)

レース中は、「競技に集中できること」が最も重要

補給食が重くてかさばったり、細かいゴミが出るのはレース中に集中力を欠いてナンセンス。細かいところにも気を配りたいですね。
(出典:運動中にこそ摂りたい。アミノ酸補給の救世主 「アミノバイタル®アミノショット」)

忙しいからこそ、回復に専念して細切れ時間を有効活用

70.3、51.5をクリアしてアイアンマンを狙う溝端祐一さんは、タイトスケジュールの中でもこまめな体調管理を欠かしません。
(出典:3つの世界戦に挑む43歳。コナに向けて実感する手応え)

練習直前に補給することで、最後まできっちり追い込める

中部・東海地方ではトライアスロン大会も多く、アミノバイタル認知度は何と100%!摂取後は「いつもよりメイン練習が追い込めた」なんて声も。
(出典:アミノバイタル®認知度100%! でも、意外と知らないアミノ酸活用のコツ。)

オフシーズンは肉体的にも精神的にも一度リセット

現役時代から山本淳一さんは、オフを必ず取る派。レース6カ月前から練習を開始することがポイントのようです。
(出典:オフシーズンのトレーニングと、アミノ酸活用のコツを学ぼう。)

-NEWS
-, ,

1 interest


コメントを投稿するにはログインをしてください。

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM