NEWS

【ブライトリング×アイアンマン】ヤン・フロデノも愛用のウォッチ「エンデュランス プロ アイアンマン」リリース

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

KONAトップアスリートも愛用ラグジュアリースポーツウォッチ

アイアンマンの新しいオフィシャルウォッチとして、スイスの腕時計メーカー、「ブライトリング」は新しいシリーズの時計を発表した。

2019年、ブライトリングとアイアンマンは、「ブライトリング スーパーオーシャンアイアンマン リミテッド エディション」を発表し、大成功を収めた。

そして2021年、ブライトリングとアイアンマンは長期的なパートナーシップを結び、ブライトリングの究極のアスレジャーウォッチ特別シリーズ「エンデュランス プロ アイアンマン」を共同でデザイン。

その結果、高精度、革新的な技術、鮮やかでカラフルなデザインを兼ね備えた、軽量で軽快なラグジュアリースポーツウォッチが誕生した。


発表されたのは、ふたつの新モデル。レッドバージョンは、スポーツや時間計測を好む人たち向けでブライトリング ブティックや正規販売店、www.breitling.comで世界的に販売される(日本語サイトはコチラ)。

ブラック&ゴールドバージョンは、IRONMAN®レースに出場するアスリート向けに限定販売される。さらに、アイアンマンコミュニティーのためのモデルが、今後数カ月のうちに追加発表される予定だ。

Photo by Amy Sussman/Getty Images for Breitling

ブライトリングのトライアスロン・スクワッドの3人は、日本人にもお馴染みのトップトライアスリート。彼らは、世界各地のアイアンマン・トライアスロン大会で輝かしい功績を収めてきた。

ドイツ出身のヤン・フロデノは、2008年のオリンピック金メダリストであるだけでなく、3度アイアンマン世界チャンピオン、2度IRONMAN 70.3®世界チャンピオンに輝いている。彼は2019年のIRONMAN World Championship®で総合タイムの新記録を達成し、7時間51分13秒で優勝した。レース後の表彰式でも、コラボウォッチをしているのが分かる。

©KentaOnoguchi

ブライトリングの本拠地であるスイス出身のダニエラ・リフは、IRONMAN 70.3®世界選手権で5回、アイアンマン世界選手権で4回優勝している女王だ。

3人目のスクワッドメンバーは、オーストラリア出身のマッカこと、クリス・マコーマック。2007年と2010年の2度にわたり、アイアンマン世界選手権で優勝し、2012年ITU長距離世界選手権でも優勝してる。

特別イベントも実施

ブライトリングUSA代表のティエリー・プリセールとアイアンマングループ代表でCEOのアンドリュー・メシックにより、このパートナーシップと新作時計の初披露を祝福する特別イベントが、ビバリーヒルズのブライトリングのブティックで開かれた。

出席したスペシャル・ゲストは、アイアンマン殿堂入りを果たした、1997年度アイアンマン世界チャンピオンのヘザー・ファー。アイアンマンのアンバサダーで、ダウン症の人で初めてアイアンマンレースを完走した、クリスニキック。

アイアンマン殿堂入りを果たしたボイス・オブ・アイアンマンのマイク・ライリー。そして、プロトライアスリートのベン・ホフマン。

「アイアンマンは、パフォーマンスと持久力という私たちのコアバリューを反映しています。エリートアスリートにとって理想的なウォッチとなるよう、またパフォーマンスとラグジュアリーのコンビネーションを求めるアクティブな方々にとってカジュアルでデイリーなスポーツクロノグラフになるようデザインしました」とブライトリングのジョージ・カーンCEOは述べている。

また、「高い評価を受けている優れた時計メーカーとのパートナーシップを継続できることを光栄に思います。2019年の成功裏に終わったコラボレーションの後もブライトリングと提携し、アイアンマン・トライアスロン選手の強さと不屈の精神を体現したこの新しいウォッチを作ることができて嬉しく思っています」とメシックは語っている。

【製品説明】
44mmのケースは、チタンの約1/3、スチールの約1/6の軽さでありながら、非常に高い硬度をもつブライトライト®を使用している。ブライトリング独自のこのハイテク素材は、傷や摩擦、腐食に対して非常に高い耐性を誇り、熱安定性、非磁性、低刺激性も有し、メタルよりも温かい触感。

このモデルを駆動させるのは、COSC公認クロノメーターの温度補正機能付きSuperQuartz™ムーブメント、ブライトリング・キャリバー82。通常のクォーツに比べて10倍の精度を持ち、約3~4年の電池寿命を有している。


両方向回転ベゼルには方位が刻印されている。リューズは指の感覚だけでそれと認識できるように成型されており、つまみやすく、操作性に優れている。時分針はスーパールミノバ®でコーティングされ、どんな条件下でも時刻をはっきりと読み取ることができる。

また、視認性を向上させるデザインとして、スモールセコンドのサブダイヤルのほか、1/10秒および30分のクロノグラフカウンターも配されている。このモデルの防水性は10気圧(100m/330フィート)。

現在ふたつのバージョン、エンデュランス プロ アイアンマンとエンデュランス プロ アイアンマン フィニッシャーがあり、エンデュランス プロ アイアンマンは、レッドのダイヤル、ブラックのインナーベゼル、パルスメーター目盛りが特徴的だ。

このウォッチは、レッドのラバーストラップ、ブライトライト®製ダブル穴留め式バックルの組み合わせ。ブライトリングの刻印ではなく、ユニークなアイアンマンの刻印が施されている。エンデュランス プロ アイアンマン フィニッシャーは、ブラックにゴールドのアクセント。

このバージョンは、アイアンマンのチャネルのみで販売される。ケースバックにはアイアンマン フィニッシャー シリーズの特別な刻印が施されていている。

◎詳細
https://www.breitling.com/jp-ja/press-lounge/press-release/35126

-NEWS

2 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


スパム対策のため、 日本語が含まれない欧文のみのコメントは投稿できません。


関連記事

【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM