GEAR

台湾新興ブランド「AXMAN」の製造現場に潜入

投稿日:2017年3月14日 更新日:


ルミナ編集部

text by:

ⒸKenta Onoguchi

【台湾トライアスロン・ショップ巡り・番外編】
品質管理には自信あり/AXMAN

台湾に拠点を構えるバイクメーカーとして、広く知られるジャイアントやメリダに続く存在と言えるのがAXMANだ。1985年に設立され、OEMをこれまで手掛けてきたが、3年前から自社ブランドを立ち上げた。品質管理には強いこだわりをもち、製造ラインはすべて台湾。フレーム開発、ペインティング、組み立て、発送と、最初から最後までワンストップで行っている。2016年から日本でも展開を始めた。

フロデノファンのオーナー好みの店構え

IM台湾オーガナイザー・レニーさんが手掛けるショップとは?

注文は4か月待ちの人気カスタムペイントショップ

ジムの価値は人にあり。メンバー380人のチームも運営

ショップ&ジムの先がけ。飽きさせない店づくりを

-GEAR
-

3 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。



【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM