COLUMN

【リセットして再出発! しろさとTT200出場へ】太田麻衣子コラム#012

投稿日:


ルミナ編集部

text by:

しとさとTT200

ゲストライダーと一緒に。©KentnaOnoguchi

太田麻衣子のウキウキトライアスロンライフ#011

前回>>#010【夢の舞台に立ってみて】

KONA後はとにかく回復に努める

皆さんこんにちは! トライアスロンコーチのラプレム太田麻衣子です。アイアンマン世界選手権(以下KONA)の後3週間ほどオフを取り仕事以外は運動ゼロ。レース後1週間は内臓疲労がひどくて少し走ると胸が苦しい。そして眠くて眠くて仕方なく、睡眠がトレーニングになっていました。

レース2週間後くらいに頭痛がして動くのがしんどくなり38時間寝続けたこともありました。そんなこともあり、3週間は身体をいつも以上に労わり、11月6日のしろさとTT200に向けてトレーニングを再開しました。今回のコラムは、しろさとTT200についてお話ししていきます。

しろさとTT200 太田麻衣子

©KentaOnoguchi

しろさとTT200に向けて、まず行ったことはKONAで一番世界との差を感じたバイクを強化するため、バイクフィッティングを受けることでした。以前からパワー自体は出ているのですが、スピードに繋がっていないと感じていました。

KONAのデータを分析していただき、今までの空気抵抗を最大限減らすポジションから、より効率良くパワーを伝えやすいポジションへ変更。

ポジション出しで大事なのは快適に乗り続けられること。無理な姿勢で速くても持続できなければ良いポジションとは言えません。自分で試行錯誤するのは遠回りなので、毎年アップデートのためフィッティングを受けるようにしています。

太田麻衣子

SNSに投稿したところ、しろさとTTでデータ分析セミナーを担当されたハムスタースピン福田昌弘さんからアドバイスをいただき、実践して乗ったところ脚を使わず腹筋で乗れるのを実感! 今回のしろさとTTでは上田藍選手と細田雄一選手のデータを見ながらバイクの乗り方についてなどお話しするミニセミナーを担当されていました。

フィッティングのおかげでレース後のランも快調

フィッティングを受けたのは11月1日だったのでほぼぶっつけ本番でしたが、今までとは違う筋肉の使い方ができました。

ダメージが少なかったのでレース後に行われた、「エクストラマイルランチャレンジ」(ブリックラン)では快調に走れました。オスシーズンはバイクを強化して春のしろさとTT(2023年3月19日開催決定)で成果を見るのが楽しみです。

しろさとTT200 ゲストライダー

しろさとTTの距離は50km、100km、200km。ブリックランではシューズお試しもあり、まさにトライアスリートのためのイベント! ラプレムからは約40人が参加しました。抜いてもラプレム、トイレに寄ってもエイドに行ってもラプレムだらけ。

距離にチャレンジ、タイムにチャレンジ、それぞれのスタンスで楽しみました。路面は綺麗で摩擦抵抗が少ないためかなり快適で、クローズドサーキットなので走りに集中できます。

集中力が切れたり潰れたりしてしまうとかなりきついですが、仲間が多いとそんな状況でも励みになり次第に楽しくなってきます。

しろさとTT200  参加賞

特に200kmを走りきると大きな自信になります。また参加賞とお試しアイテムが多くこちらもうれしい特典です。

ここからはレースについて細かく振り返っていきます。

しろさとTT200 太田麻衣子

©KentaOnoguchi

KONAでの反省を生かして

【レポート】
昨年11月に開催された第2回大会に出場したときより風はややありましたが、気温はちょうど良かったです。昨年11月と走行時間はほぼ同じ、ただそのときは200km乗った後は動けませんでしたが、今年は脚がかなり楽に終えることができ、フィッティングの効果を早速実感しました。


2022年11月(第4回大会)
5時間22分29 / NP 162 / 平均心拍150 最大167
https://connect.garmin.com/modern/activity/9925376545

2021年11月(第2回大会)
5時間20分39 / NP 187 / 平均心拍145 最大158

6:30開門。受付準備して、8:00にスタートしました。スタート前には、豪華ゲストライダーに混ぜていただき、「安全第一に楽しみましょうー!」とご挨拶させていただきました。

しろさとTT200 太田麻衣子

©KentaOnoguchi

パレード走行(1周5.7kmアップ)から心拍が高いのが気になりましたが、恐らく興奮と生理初日の影響だろうと冷静に判断。1時間ごとのナマコサプリ、塩カプセルを忘れずに、水分とエネルギーを小まめに補給しました。

75kmまで独り〜数人の集団。抜くとまたすぐ抜かれてペースが落ちて……を何度も繰り返しました。抜いていく選手はだいたい50kmの選手なので少しの我慢と思ってやりすごしました。

そのあと大集団が来て、一番後ろで脚を貯めました。集団の前に出る脚はない、ここは大人しく後ろで待機。集団のときはパワーも心拍も低いけど、このときのラップが一番速かった! 集団効果(ルールの距離は空けて)はすごい。
独り 9:10-9:30/1周約5.7㎞
集団 8:50-8:40/1周約5.7㎞

しろさとTT200 太田麻衣子

©KentaOnoguchi

KONAはほぼ独りだったので、集団に付けば逆にパワーを抑えて速く乗れたかもしれない、と思いました。12m後ろでも風避け効果と前に選手がいることでモチベーションの維持はしやすいんです。

KONAは潰れたくなかったので安全なペースで乗りましたが、竹谷賢二さんに「KONAで上位を狙うなら次のレースではバイクで攻めた走りをしてみるといい」とアドバイスをいただいていました。

それもあり集団の後ろを利用しましたが、130km地点で100kmの選手たちが入り、100kmの選手に付いて集団の前に出ました。そして集団から先に抜けて前に行ったメンバーさんに135kmから1周踏んで追い付きました。

しろさとTT200  ピットイン

©KentaOnoguchi

良いペースで乗れていましたが、残り5周でトイレにピットイン。残りは独りでプッシュ!

追いつく際に心拍もパワーも使ってしまいましたが、最後まで潰れなかったのは大きな収穫と少しの自信になりました。なにより知っている選手が多かったのと、たくさんの応援をいただき最後まで頑張れました。

1点気になったのは、抜くのは右からですがときどき左から抜く方がいたこと。危険回避の際は認められていますが意図的に抜く方がいて、「抜くのは右からですよ〜」と何度かお声がけしました。ルールは安全と公平に競技するためにあるもの。

混雑しているから左から抜いたのかもしれませんが、その行為により落車が起こる可能性もあります。イベントや大会に参加する際はしっかりルールを把握して、常に余裕をもってほしいと思います。

大会競技規則はコチラ>>https://shirosato-tt.com/rules.html

バイク後は誕生日の方を含むラプレムメンバーさんと一緒にブリックラン。1周で終わろうとするところを「やめさせない!」と(笑)。ひとりでは終えてしまうかもしれませんが、みんなと一緒なら走れるのがチームパワー。きついことは仲間と一緒に!

太田麻衣子 レプシム

しろさとTTはKONAの撮影など、Luminaでのお馴染みの小野口健太プロカメラマンにカッコイイ写真を撮っていただけるのも魅力のひとつ!(※大会事務局注:あくまでサービスなのですべての方が写っているわけではありません)プロフィール写真にしている方も多いですね。

仲間と一緒ならいつもよりずっと頑張れる

ゲストライダーと話せたり、セミナーで勉強できたりとかなり盛りだくさんなイベントです。次回は2023年3月19日(日)の開催が決まっています。特に200kmは即満員になるので要チェック!!

しろさとTT200

©KentaOnoguchi

オフシーズンもにこにこコツコツトレーニングして、ウキウキなトライアスロンライフを!

コラムをはじめから読む
>>#01【KONAの表彰台を目指して】
>>#02【宮古島で新たなレースも夢じゃない!?】
>>#03【ケガの功名? あらためて自転車の安全性を考える】
>>#04【ケガで落ち込むよりもできることを積極的に】
>>#05 【ケガからの復帰戦 WTCS横浜に想うコト】
>>#06【高地トレーニングでパフォーマンスアップを狙おう!】
>>#07【今季注力のトレーニングで2週連続レースも笑顔でフィニッシュ! 】
>>#08【シーズン後半 本命レースに向けてラストスパート!】
>>#09【佐渡で感じたコトをKONAで生かす】
>>#010【いよいよKONAへ】
>>#010【夢の舞台に立ってみて】

太田麻衣子 佐渡国際トライアスロン

©KentaOnoguchi

太田麻衣子/おおたまいこ
トライアスロンチーム・ラプレム代表 https://linktr.ee/lapulem_maiko
大学からトライアスロンを始めて日本選手権8位、U23世界選手権代表など。2022年念願のアイアンマン世界選手権(KONA)に出場を果たす。目標はエイジでの表彰台。今はコーチングをしながら一緒にレースを楽しむスタイルでトライアスロンを満喫中!

【2022年~2023年レース予定】
12月18日(日)鋸山トレイルラン
12月24日(土)クリスマストレイルラン
12月28日(水)Beyond2022 / フルマラソン
2023年
3月19日(日)しろさとTT200
4月16日(日)全日本トライアスロン宮古島
6月18日(日)IRONMAN Cairns

-COLUMN

2 interest


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


スパム対策のため、 日本語が含まれない欧文のみのコメントは投稿できません。


【記事】サイドバー上

記事用jQuery

cloud flash記事バナー

アイアンマンの世界に挑むアスリートたちを支えたVAAM